160回を超える警察からの呼び出しに応じず、24歳の男がスピード違反容疑で逮捕されました。

 福岡市に住む24歳の男は、2018年11月に北海道南部の長万部町の国道で法定速度を37キロ超える97キロで軽乗用車を運転した疑いで逮捕されました。

 警察によりますと、男は当時札幌に住んでいましたが就職のため福岡市に引っ越していて、地元の警察署に出頭した際スピード違反が測定されたオービスの写真を見て「これは人形ではないか」と容疑を否認したということです。

 その後も警察は異例の160回以上にわたり男に出頭を求める電話をかけましたが、男はこれに応じず逮捕されました。

 現在は「間違いない」と容疑を認めているということです。