#MeTooがハリウッドから始まったことは広く知られていますが、性被害以外の女性差別についても映画界は力強く声を上げてきました。

パワフルに声を上げてきた映画界の動きを振り返る『心揺さぶるアカデミー賞スピーチ』。シリーズ後編は、ジェンダーギャップについての動きを4つのポイントからご紹介します。

<記事の主な内容>

① ギャラの差は1億円? 賃金格差に声をあげたハリウッドスターたち

② #MeTooから#TimesUpへ

③ 主演女優賞の大本命がオスカーを床に置いて語ったこと

④ 女性監督への評価は正当か?ナタリ・ポートマンの痛烈な皮肉

「今こそ賃金の平等を完全に実現すべき時だ」

2015年のアカデミー賞の授賞式で、あるスピーチが注目を集めました。『6才のボクが、大人になるまで。』で助演女優賞を獲得したパトリシア・アークエットのスピーチです。

家族や関係者への感謝を述べた後で、「子どもを持つ全ての女性たち、この国の全ての納税者と市民たちに」と呼びかけたアークエットは、力強くこう語りかけます。

「私たちは全国民の平等な権利を求めて今まで戦ってきた。今こそ、アメリカ合衆国の女性たちに、賃金の平等、権利の平等を完全に実現すべき時だ」

会場は拍手喝采。俳優のメリル・ストリープは手をたたいて「イエス!」と何度も叫び、隣にいたジェニファー・ロペスも身を乗り出しながら大きく頷いていました。

その半年後の2015年10月、オスカー俳優のジェニファー・ローレンスがハリウッドスターの男女の賃金格差について問題提起したコラムが、再び大きな反響を呼びました。

「なぜわたしの報酬は男性共演者よりも少ないのか?」という、映画界の男女の賃金格差について訴えたこのコラム。男性の共演者たちが自分よりもはるかに高い報酬を得ていることを知って声を上げたというローレンスは、強く自身の権利主張をしてこなかった理由について次のように述べています。

ジェニファー・ローレンスさん

「私は『面倒くさい』『生意気』と思われたくなかったのです。こうした問題を抱えている女性は、私だけではないはずです。私たちは、社会的にこのように振舞う癖が身についてしまっているのでしょうか?男性を『攻撃』したり『怖がらせ』たりしない方法で、自分の意見を表現しようとする習慣がまだ残っているのでしょうか?」

「ジェレミー・レナー、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、彼らはみんな自分たちのために闘い、強力な契約交渉に成功していました。むしろ、彼らは堂々として戦略的だと評価されたに違いありません」

ローレンスの問題提起に次々とスターたちが賛同し、この問題は世の中に広く知られることに。

ミシェル・ウィリアムズ(左)とマーク・ウォールバーグ

2018年にはケヴィン・スペイシーがセクハラで告発されたことで一部撮り直しとなった映画『ケティ家の身代金』で、主演のミシェル・ウィリアムズとマーク・ウォールバーグの再撮影の出演料が1億円以上も差があったことが判明した際には、ウォールバーグがギャラ全額をミシェル・ウィリアムズの名前でセクハラ支援基金『Time’s Up』寄付すると表明しました。

身近な話題からSDGsを考える生番組「ハフライブ」。4月のテーマは、アカデミー賞とSDGsです。「社会や政治を映す鏡」であるアカデミー賞は、2021年という時代をどう映すのか。授賞式直前に、アカデミー賞の「新しい見方」をお届けする60分間です。詳細はこちら。

・配信日時:4月22日(木)夜9時〜

・配信URL: YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=Pn_j-eRk5uA

・配信URL: Twitter(ハフポストSDGsアカウントのトップから)https://twitter.com/i/broadcasts/1dRKZNgpYBQKB

(番組は無料です。時間になったら自動的に番組がはじまります)