映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』が7月29日に公開されるのに合わせて、金曜ロードショー(日本テレビ系)で7月22日と29日、『ジュラシック・ワールド』が2週連続で放送されます。

『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』は、1993年に映画化され大ヒットした人気SF映画『ジュラシック・パーク』シリーズの第6作。

金曜ロードショーで放送するのは、第4作目となる『ジュラシック・ワールド』と、第5作目の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』です。

 

世界中の動物園が再現

世界中でヒットした『ジュラシック・ワールド』。

2015年の公開当時には、予告編で主人公クリス・プラットが3頭の恐竜を制するシーンが話題に。世界の動物園の飼育員たちが次々と「#JurassicZoo」というハッシュタグをつけ、このシーンを再現するツイートをし、注目を集めました。

▼主人公が3頭の恐竜を制するシーン

▼世界の動物園が再現

アメリカ・ジョージアの水族館などのほか、日本でも横浜・八景島シーパラダイスや名古屋市東山動植物園など多くの園が投稿しました。

動物たちの迫真の演技!

長崎バイオパークの公式キャラクターの「カピタン」も挑戦。

『ジュラシック・ワールド』のあらすじは?

「ジュラシックパーク」で起きた惨劇から22年。本物の恐竜と触れ合える、テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が遂にオープンする。

そこで働くクレアは、遺伝子組み換えで作り出した新種の恐竜の「安全性」を確かめようと、恐竜行動学のエキスパート・オーウェンに協力を依頼。

だが、新種の恐竜が檻を飛び出し、大混乱になる…という物語だ。