エアコンをつけたら寒くなり過ぎ、止めたらまた暑くなり、気づいたら夜が明けてしまった…

連日の暑さで、そんな「眠れぬ夜」を過ごしている方も多いかもしれない。

そんな中、メーカーがエアコンを活用した「快眠マニュアル」を紹介している。

エアコン活用、4つのポイント

パナソニックは8月5日、「熱帯夜の快眠マニュアル」を公開した。それによると、エアコンの使用のポイントは以下の4つ。 

・エアコンは寝室に入る30分前にON、上に向けて風をあてておく 

布団に入ったタイミングでエアコンのスイッチを入れても、日中に溜め込んだ熱が室内にこもっているため、室温が下がるまでに時間がかかってしまうことも。

「寝室に入る30分前にエアコンをONにし、上に向けて風をあてておくのが、効率よく良い睡眠環境を作るコツ」としている。

・タイマーは設定せず、設定温度は26度〜28度に

快適な寝室環境を保つには、冷房モードで設定温度を26〜28度にするか、除湿モードにすることがおすすめだとしている。

途中で運転を停止してしまうと、その後、室温が上がると共に寝苦しくなり途中で目覚めてしまう原因になるという。

・湿度は60%以下に

湿度が高い時は「エアコンの温度を下げる」または「エアコンを除湿運転する」といった対応がおすすめだという。

・扇風機との併用

エアコンの風が、直接体にあたるのが苦手…という人も多いかもしれない。

そんなときには扇風機を併用し、表面に太い血管の通っている足首あたりに風をあてると、深部体温が下がりやすく寝入りが良くなるという。

ただし、風を長時間、体にあてないよう注意が必要だとしている。

 

 7割が「暑さで寝苦しい」と回答、深夜にエアコン操作する人も 

同社が7月に実施した夏の睡眠状況やエアコン利用に関する調査(パナソニック「エオリア」調べ、20〜60代の男女551人が回答)によると、7割の人が暑さで寝苦しいことが「頻繁にある」「時々ある」と回答。

睡眠の満足度については「全く満足していない」「あまり満足していない」が合わせて5割を超えた。

 

 

その理由は「暑さ」(70%)がトップとなり、「湿気」(51%)、「ストレス」(31%)、「寝具との相性」(16%)と続いた。

また、同社の「エオリア」ユーザーデータからは、夜中に気温が30度を超える日の深夜2時〜5時に、エアコンを操作しているユーザーが65%にのぼったという。 

エアコン以外にも快眠のコツ

また、「快眠マニュアル」ではエアコンの使い方以外にも、「寝る1時間前までにバスタブで入浴、温度は夏でも38〜40度」「リビングや浴室の照度は控えめに」「パジャマはゆったりとした長袖・長ズボンが理想的」などの快眠のコツを紹介している。