エアコンは、こまめに電源を切るよりも、つけっぱなしがお得ーー。

多くの人が、こう聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際、どれくらい節電できるのでしょうか。空調メーカー・ダイキン工業が実験結果を公開し、話題になっています。

実験では、エアコンを9時〜23時まで、「つけっぱなし」と「30分ごとに入り切り」で運転し、それぞれの消費電力を計測・比較。

その結果、9時〜18時は、30分間であればエアコンを切るより、つけっぱなしにするほうが、消費電力量は少なかったといいます。

その時間帯は設定温度と外気温の温度差が大きくなり、「こまめに入り切り」したときの起動時の消費電力量が大きくなったと推察されます。

調査結果調査結果

 

どういう原理なのでしょうか。

ダイキン工業は「基本的に、エアコンは運転を開始した直後に消費電力が大きく、設定温度に到達した後は消費電力が小さくなります」と説明。

「消費電力は、外気温の変化や陽射しなど天候の影響を大きく受けるため、条件が異なるとこの限りではありません。急激な温度上昇があった場合などには、設定温度を維持するためには、消費電力が上昇することもあります。この様な場合は日中であってもエアコンをつけっぱなしにした方が消費電力量が大きくなることもあります」と補足します。

どの時間帯であればつけっぱなしが良いかはわかりました。では丸一日で見た時はどうでしょうか。

家庭での一日を想定し、各部屋のエアコンを「つけっぱなし」と外出時はオフにする「こまめに入り切り」で運転し、それぞれの消費電力を計測・比較。

1日の消費電力量は「つけっぱなし」が5.7kWh、「こまめに入り切り」が4.4kWhで「つけっぱなし」の方が大きくなったといいます。

電気代(電力料金単価を27円/kWhで計算)に換算すると「つけっぱなし」が153.9円、「こまめに入り切り」が118.8円となり、「つけっぱなし」の方が1日で35.1円高くなりました。

では、エアコンはどう使用するのが良いのでしょうか。

1日を日中(9:00〜18:00)・夜(18:00〜23:00)の2つの時間帯に分け、それぞれの消費電力の傾向から、何分までの外出であれば「つけっぱなし」の方が安いのかを計算。

日中は、35分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安く、
夜は、18分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安いという結果になりました。

ダイキン工業は「これらを一つの目安として、例えば日中は30分程度の外出ならエアコンをつけっぱなしにし、夜間はこまめに停止させるといった調整を行うことで、お得な運転ができると考えられます」としています。

エアコン「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の室内温度推移エアコン「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の室内温度推移