関連記事>>マシュマロが「とろ〜り、ほんのりしゅわしゅわ食感」のデザートに。用意するのは“あの食品”だった

「これはやってみたい」「絶対美味いやつ」「大人の楽しみ方ですね」

とある市販お菓子を「お酒のお供」にアレンジする方法がTwitter上で周知され、注目を集めている。

投稿したのは、明治の人気商品「果汁グミ」の公式Twitterアカウント(@kajyu_gummi_cp)。「実は果汁グミはお酒のお供にも最高なのですが、ブランデーに一晩漬けるとジューシーで香りが良くて美味しいんです」とした上で、アレンジ方法を11月9日に紹介した。

さらに「ブランデー飲むときに果汁グミが欠かせなくなります」と自信たっぷりに表明。13日現在、600回以上のリツイートと2000件以上の「いいね」が集まっている。

アレンジに必要なのは果汁グミ・温州みかん味1袋とブランデーだけ。

ボウルに果汁グミを入れて、ひたひたになるようにブランデーを注ぐ。冷蔵庫に一晩おいてから、水気を切ったら完成。チョコレートと一緒にお皿に盛り付ければ、立派な「お酒のお供」だ。

果汁グミを漬けてできたブランデーは、「炭酸水で割って飲むと美味しい」というから、無駄にすることなく楽しめる。

子どもにも人気の果汁グミ。大人向けのアレンジ方法を紹介した今回の一連の投稿の末尾には、「20歳未満の飲酒は法律で禁止されています」と添えられている。