1月14日に引退会見を開いた内村航平選手との思い出を、体操界の後輩たちが写真で振り返っている。

日本代表としてともにリオオリンピックを戦った白井健三さんは、内村選手とのツーショット写真を投稿。

引退祝いの抱っこ、オリンピックのモニュメント上での倒立、プライベートショット、相部屋での最終日の4枚をツイートし、「4枚では収まりませんがどれも最高の思い出です」と振り返った。

内村選手と2人で映ったテレビ映像も投稿。「内村航平さんの体操人生という本があったとします。そこに僕の名前が1ページでも、1行でも登場してくれているのならそんな嬉しいことはありません」と内村選手への思いを打ち明けた。

そして引退後も、活動をともにしたいという願いも添えた。

谷川翔選手も「レア写」ツーショットを投稿。内村選手が谷川選手の肩に手を回す姿仲睦まじい2人が写っている。

内村選手は14日の会見で「体操界に何を残したのか?」という質問に、考え込む場面があった。

谷川選手はこの場面に触れ「何を残したか、ん〜ってずっと考えてるのを見て、 いろいろ残したものはあるけど言葉にするのは難しいなと」と同調。

と思いきや、「野菜も残してたけど」と暴露した。