飲食各社のさまざまな「月見バーガー」

9月10日は「中秋の名月」。月見の季節がやってきた。そんな中、日本マクドナルド、モスフードサービス、ケンタッキー・フライド・チキン、コメダ、ロッテリアなど各社が月見シリーズを期間限定で発売しており、「月見対決」とSNSで話題になっている。

さて、それぞれどんな月見シリーズでバトルを繰り広げているのだろうか。

大手5社の期間限定商品を一挙紹介しよう。

 ■マクドナルドは全8種の「月見ファミリー」

日本マクドナルドでは、「月見バーガー」が定番で人気の商品。

2022年は、「月見ファミリー」としてバーガー・マフィン4種、スイーツ3種、サイドメニュー1種の全8種のラインアップとなっている。

「月見ファミリー」は9月7日から期間限定で販売されている(※「安納芋のスイートポテト味の月見マックシェイク」のみ9月14日から)。

 月見ファミリー月見ファミリー

■モスは全2種の「フォカッチャ」

モスバーガーを展開する、モスフードサービスでは「フォカッチャ」シリーズが秋冬の期間限定商品として知られている。今回は新商品「月見フォカッチャ」が期間限定で登場し、「バーベキューフォカッチャ」もリニューアルして復活販売する。30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」とのコラボCMも9月14日から放送される。

「フォカッチャ」シリーズは9月14日から11月中旬まで期間限定で発売される。

モスフードサービスは9月26日に、27日から各店舗の食材がなくなり次第、「月見フォカッチャ」「バーベキューフォカッチャ」の販売を一時休止すると発表した。食材の調達が間に合わないことが理由だという。販売再開は10月8日からを予定している。

月見フォカッチャ月見フォカッチャ

■ケンタッキーは全4種の「とろ〜り月見サンド」

ケンタッキー・フライド・チキンの月見は、「とろ〜り」が特徴。

数量限定で、「とろ〜り月見フィレサンド」「とろ〜り月見和風カツサンド」さらに、芳醇な香りが口いっぱいに広がるチェダーチーズを挟んだ、「とろ〜りチーズ月見フィレサンド」「とろ〜りチーズ月見和風カツサンド」が発売されている。

「とろ〜り月見サンド」は8月31日から数量限定で販売されており、なくなり次第終了となっている。

とろ〜り月見サンドとろ〜り月見サンド

 ■コメダは「フルムーンバーガー」

コメダからは、「フルムーンバーガー」が登場。

コメダ自慢の大きなバンズにレタスと肉厚でジューシーなハンバーグ、チーズ、さらに満月をイメージしたエッグオムレツが挟まっており、お腹も心も満たされるバーガーとなっている。

「フルムーンバーガー」の販売期間は、9月7日から11月中旬まで。

フルムーンバーガーフルムーンバーガー

■ロッテリアは、全6種の「とろ〜り半熟月見」

ロッテリアからは、「とろ〜り半熟月見」全6種が期間限定で登場。「半熟月見絶品チーズバーガー」、「半熟月見絶品チーズバーガー」、「半熟月見エビバーガー」、「半熟タマてりバーガー」、「半熟タマてりチキンバーガー」に、国産こしひかり100%のライスバンズを使用した「半熟タマてりごはんバーガー」と「半熟タマてりチキンごはんバーガー」も販売されている。

「とろ〜り半熟月見」の販売期限は、9月8日から10月12日までで、数量限定で発売している。

「とろ〜り半熟月見」の紹介画像(ロッテリア公式サイトより)「とろ〜り半熟月見」の紹介画像(ロッテリア公式サイトより)