集会で発言する「#もっと安全な中絶をアクション」のメンバー

関連記事>>男性の同意とれず中絶断念、手術中断も…「生き地獄」追い詰められる女性たち

 

配偶者の同意が必要。10万円ほどはかかる。「堕胎罪」がある──

こうした日本の人工妊娠中絶をめぐる現状は国際的な基準から外れているとして、研究者らでつくる団体「#もっと安全な中絶をアクション」が11月14日、参議院議員会館で院内集会を開いた。

厚労省や法務省の担当者も出席、団体からの質問に答えたものの、主催した団体や国会議員、一般参加者からは多くの疑問の声が上がった。

 

なぜ配偶者の同意が必要なのか?立法の趣旨は不明

団体からは厚労省や法務省に事前に質問を提出。

厚労省は配偶者の同意が必要な理由について、1948年にのちに母体保護法となる旧優生保護法が議員立法で制定された際に設けられていたとし、「当時立法した趣旨がどのようなものだったかについては明確なお答えは困難」と説明した。

また、現在イギリスの製薬会社が日本国内でも経口中絶薬の使用を認めるよう厚労省に申請中だが、承認されたとしても母体保護法にのっとって運用されるため、厚労省の担当者は「配偶者の同意が必要となるということだと考えております」とした。

これらの回答について、会場からは「それで女性が権利を制限されるなんて」などの声が上がっていた。

集会では「国際基準の中絶薬を求める要望書」を厚生労働大臣と法務大臣宛てに提出。経口中絶薬を速やかに承認すること、費用を高額にしないこと、堕胎罪や母体保護法の見直しなどを求めた。