吉田麻也選手

【関連記事】日本代表サポーターの“ゴミ拾い”を「模範的な行動」と海外メディアが称賛。そもそもいつから注目されたか(カタール・ワールドカップ)

いよいよ、サッカー日本代表のカタール・ワールドカップが始まる。

初戦の相手は、過去に優勝4回を誇る欧州屈指の強豪・ドイツだ。11月23日午後10時キックオフ予定。グループリーグ初戦でこれ以上ないほどの強敵と戦う。

今大会はDF・吉田麻也選手が日本代表のキャプテンとしてチームを牽引する。吉田選手は「もうグッドルーザーはいい」と言い切った。その言葉には並々ならぬ決意が表れている。

吉田麻也選手と森保一日本代表監督吉田麻也選手と森保一日本代表監督

キャプテンの吉田選手にとって、W杯への出場はこのカタール大会で3大会連続3回目。2014年のブラジル大会から出場し、今では日本の守備の要としてセンターバックのポジションで重要な役割を担う。1メートル89センチの長身はセットプレーでも活かされる。

初戦のドイツ戦でいえば、同じくセンターバックの冨安健洋選手の怪我の影響が心配されていて、強豪の相手攻撃陣に対し、いかに集中力を高めて守備ができるかが勝利への鍵とも言える。

吉田選手はこれまで、イングランドのプレミアリーグやイタリアのセリエAなどヨーロッパリーグでプレーし経験を積み上げてきた。現在はドイツリーグのシャルケに所属している。ドイツでプレーした経験をフィールドで活かすことも求められている。

吉田麻也選手