JR山手線の運休区間

関連記事>>渋谷駅のホーム、こんなに広くなった。山手線内回り、拡張工事の様子をJR東日本がツイート【写真】

JR山手線が1月7日の始発から8日の終電までの2日間にわたり、外回り大崎―渋谷―池袋間の全ての列車を運休する。

JR東日本によると、これは渋谷駅の線路切換工事を実施するためで、ホームが拡幅され、山手線の内・外回りのホームが1つになるという。

運休中の外回りは池袋―東京―大崎間のみで、本数を大幅に減らし運行する。日中の運転間隔は約10分に1本となる。

また、運休区間のない内回りの池袋―渋谷―大崎間も列車の本数を減らして運行し、運転間隔は約5分に1本となるという。

JR東日本は混雑対策として、山手線の大崎―渋谷―池袋間と並走する埼京線・りんかい線の電車を増発するほか、途中、恵比寿・渋谷に停車する大崎―新宿間で臨時列車を運行する。振り替え輸送についても、東京メトロや都営地下鉄などで実施される。

電車に影響や変更があるのは以下の通り。

山手線内回り

▽池袋―渋谷―大崎間が、本数を減らして運転 (一部、池袋駅で上野方面に折返し運転)

山手線外回り

▽大崎ー渋谷ー池袋間が完全運休

▽池袋―東京―大崎間が、本数を大幅に減らして運転 (大崎駅で東京方面に折返し運転)

京浜東北・根岸線

▽快速は運転中止(終日、各駅停車で運転)

埼京線・りんかい線

▽新木場―大崎―赤羽間を増発

相鉄線直通列車

▽新宿―池袋間を延長して運転

臨時列車

▽大崎―新宿間(途中、恵比寿・渋谷に停車) ※埼京線・湘南新宿ラインの線路を使用して運転

振り替え輸送

▽東京メトロ:全線

▽都営地下鉄:全線

▽東京臨海高速鉄道:りんかい線(全線)

▽西武鉄道:池袋線(池袋―所沢間)、新宿線(西武新宿―所沢間)、西武有楽町線(全線)、 国分寺線(国分寺―東村山間)、拝島線(小川―小平間)、多摩湖線(国分寺―八坂間)

▽東急電鉄:東横線(渋谷―武蔵小杉間)、池上線(全線)、大井町線(大井町―自由が丘間)、 目黒線(目黒―武蔵小杉間)、東急多摩川線(全線)

▽京浜急行:本線(泉岳寺―品川間)

渋谷駅における線路切換工事は5段階のステップで進められており、今回は4段階目のステップとなる。なお、悪天候などで実施できない場合は、4月14〜17日に延期となる。

JR東日本は、運転本数が減少する山手線の混雑が予想されるので、 振り替え輸送を実施する路線の利用や迂回乗車を呼びかけている。