『G.O.A.T 2007〜2023 羽生結弦写真集』

合わせて読みたい>>羽生結弦さんの“孤高さ”を撮り下ろした蜷川実花さん。「遥か上を見せてもらった」

プロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが29歳の誕生日を迎える12月7日、16シーズンにわたる氷上の軌跡を収めた写真集『G.O.A.T 2007〜2023 羽生結弦写真集』(JTBパブリッシング、4620円)が全国の書店などで発売される。

国内外の大会やアイスショーで撮影した10万枚以上の中から300点余りを厳選し、箱付きで200ページを超える豪華本にまとめた。

撮影は、2007年から15年以上にわたって羽生さんを撮り続けてきたスポーツフォトグラファーの坂本清さん。ジュニア時代やプロ転向後も含め、取り上げられるプログラムの数は50を超える。

単独ツアー「RE_PRAY」より最新の未公開写真も

初公開の写真もあり、中には2023年11月に初日を迎えたばかりの単独アリーナツアー「RE_PRAY」を撮ったものも。版元が公開したサンプル写真は、白い衣装の羽生さんがプロジェクションマッピングで彩られた氷の上を優雅に滑る、幻想的な1枚に仕上がっている。

ショーの演出上、会場の照明が抑えられるなど、撮る側にとっては必ずしも好条件とは言えない状況だったという。それだけに一層、長く競技を撮り続けてきたからこその撮影技術が伝わる一冊とも言えそうだ。

第4章より2023年「RE_PRAY」さいたま公演「あの夏へ」©Kiyoshi Sakamoto第4章より2023年「RE_PRAY」さいたま公演「あの夏へ」©Kiyoshi Sakamoto

写真集には、坂本さんが語る撮影時のエピソードも巻末10ページにわたって収録されている。発売後には、JTBパブリッシングの公式アカウントで、坂本さんのインスタライブも開催される予定だ。

また、東京都内や羽生さんの地元・仙台市などの各書店では発売を記念したパネル展の開催も。

会場は国内外の以下11店で、12月7日から同月下旬にかけて順次、最大で10枚のパネル写真を展示する。

■パネル展の実施店舗
・紀伊国屋書店仙台店
・丸善仙台アエル店
・くまざわ書店エスパル仙台店
・ジュンク堂書店池袋本店
・有隣堂アトレ恵比寿店
・三省堂書店名古屋本店
・紀伊国屋書店名古屋空港店
・星野書店近鉄パッセ店
・ジュンク堂書店三宮店
・丸善博多店
・ジュンク堂書店台湾明曜店

『G.O.A.T 2007〜2023 羽生結弦写真集』『G.O.A.T 2007〜2023 羽生結弦写真集』