6年前の2月17日は、プロフィギュアスケーターの羽生結弦選手が五輪2連覇を果たした日です。

オリンピックの公式Xアカウントは2月17日、羽生選手が2018年の平昌五輪で見せたフリーの演技の動画を投稿しました。

2014年のソチ五輪で金メダルに輝いた羽生選手は平昌五輪で2連覇に挑み、フリーでプログラム『SEIMEI』を披露。前日のショートプログラムと合わせて圧巻の演技で頂点に立ちました。

男子フィギュアスケートの五輪2連覇は1952年以来、66年ぶりの快挙となりました。

その後、羽生選手は2022年にプロに転向。今も多くのファンを楽しませています。

オリンピック公式の投稿に対し「全てを賭けた魂の演技に涙があふれた」「何度見ても胸が高鳴る」「あの感動は一生忘れない」といった声が寄せられています。