アリーナ・ザギトワさん(2021年撮影)

平昌オリンピックのフィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワさんが日本時間の6月21日、インスタグラムを更新し、自身が新たな挑戦に臨む姿をファンに公開した。

ボクシンググローブをはめた姿に、世界から大きな反響が寄せられている。

新たなフィールドはボクシング?

「氷上」から「リング」へ。次なるステージはどうやら“ボクシング”のようだ。

ザギトワさんは21日、インスタグラムで1枚の写真を投稿した。緑のボクシンググローブをはめてファイティングポーズをとっている。ロシア語で「新しい挑戦を準備しています」とつづっていた。

なお、自身のフィギュアスケートのキャリアについては2019年、「私は活動休止も『引退』するつもりもありません」とインスタグラムで明かしていた。

実際に平昌オリンピックの後はアイスショーなどにも出演。また、2022年の北京オリンピックでは、選手としてではなくメディアのリポーターとして現地で精力的に取材し、情報を伝えていた。

A post shared by Alina Zagitova (@azagitova)

ところで、ザギトワさんを日本で一躍有名にしたのは、フィギュアスケートの実力のみならず、愛犬・マサルの影響は大きい。

秋田犬保存会(秋田県大館市)が2018年にザギトワさんにマサルを贈った。今ではすっかり成犬に成長。その姿も話題となっていた。