トタルエナジーズビルを登るアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)

「フランスのスパイダーマン」として知られるクライマーのアラン・ロベールさんが9月17日、パリにある48階建ての超高層ビルを命綱なしで登った。ロイター通信などが報じた。

ロイター通信によると、60歳の誕生日を迎えたロベールさんが自ら立てた目標だったといい、「60歳なんて大したことないというメッセージを送りたい。60歳になっても、スポーツをしたり、活動的になったり、素晴らしいことができる」と語ったという。

ロベールさんが登ったのは187メートルの高さで、パリのビジネス街にあるエネルギー関連企業「トタルエナジーズ」のビル。ロイター通信は、ロベールさんは「これをきっかけに気候変動対策の必要性についての認識を高めたいと考えている」とも伝えた。

一方、BBCによると、ロベールさんは頂上に到達した後、逮捕されたと伝えられている。これまでも事前の許可なしにビルなどに登り、何度も逮捕されているという。CNNは2018年の時点で、120回ほど逮捕されていると伝えている。

ロイター通信やロベールさんの公式サイトによると、ロベールさんは1975年にクライミングを始めた。通常、ハーネスなどの命綱をつけず、チョークとクライミングシューズだけで高層ビルを登る。これまでに、ドバイのブルジュ・ハリファやエッフェル塔、サンフランシスコのゴールデンゲート・ブリッジなど、世界各地の高層建築物を登頂してきたという。

トタルエナジーズビルを登る前にメディアの取材に応じたアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)トタルエナジーズビルを登る前にメディアの取材に応じたアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)トタルエナジーズビルを登るアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)トタルエナジーズビルを登るアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)トタルエナジーズビルを登るアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)トタルエナジーズビルを登るアラン・ロベールさん(2022年9月17日撮影)トタルエナジーズビルを登り、両腕を上げるアラン・ロベールさんトタルエナジーズビルを登り、両腕を上げるアラン・ロベールさん