台湾と香港が新型コロナウイルスの感染拡大防止のために設けていた水際対策を緩和する。入境に必要な検査が簡易なものになったり、隔離期間が短くなったりする。

気軽に海外旅行ができる日は戻ってくるのか。9月下旬時点の最新の状況をまとめた。

香港の街並み。個性豊かな看板も名物だ

これまで香港では、入境後は3日間のホテル隔離に加え、外出可能だがレストランやバーなどには入れない健康観察期間として4日が課されていた。

しかし26日からはホテル隔離を廃止し、3日間の健康観察期間のみとする。

香港に向かう前に必要だった48時間以内のPCR検査陰性証明も、24時間以内の簡易な抗原検査の結果があれば入境できるようになる。空港などに到着したあとPCR検査を受ける必要はあるが、結果を待たずに公共交通機関を使ってホテルなどに向かって良い。

検査結果が陰性の場合、スマホに表示される「ワクチンパス」の識別コードが黄色に変わる。黄色状態でも外出はできるが、入れる場所が制限される(詳しくは在香港日本国総領事館の公式サイトから確認できる)。

到着2日目のPCR検査結果が陰性の場合、3日目に青色になり行動制限が解除される。

李家超・行政長官は「再び水際対策を強化することは望まない。香港を世界へと繋げ、香港に来る際の不便さを減らしていきたい」と話している。