胸が透けるドレスを着用して「乳首の解放」を訴えた俳優のフローレンス・ピューさんが、パリ・ファッションウィークで再びシースルーのドレスを着用した。

今回身につけたのは、ゴールドのシークインで飾られたヴァレンティノのセットアップで、同色のブリーフを履き、ゴールドのジュエリーをあわせた。

パリ・ファッションウィークで、ゴールドのシースルーセットアップを着たフローレンス・ピューさん(2022年10月2日)パリ・ファッションウィークで、ゴールドのシースルーセットアップを着たフローレンス・ピューさん(2022年10月2日)

ピューさんは7月、ローマで開かれたヴァレンティノのオートクチュールショーで、胸が透けるデザインのピンクのシースルードレスを着用。その後「胸が小さい」や「ペタンコ胸を恥じるべき」など、体型をけなすコメントがあったとインスタグラムで明かした。

ピューさんはこの時「中でも興味深いのは、公の場で、誇らしげに、全員が見えるように女性の体を批判することが、男性にとっていかに簡単かということです」と、一部の男性による女性の体バッシングや揶揄を問題視。

 

「なぜあなたはそんなに胸に怯えるのですか?」「私の胸のサイズや体について、そんなに腹を立てることで満足するなんて、一体あなたに何があったのだろうと思います」と疑問を投げかけた。

A post shared by Rebecca Corbin-Murray (@rebeccacorbinmurray)

ちなみに、注目を集めた両方のドレスをコーディネートしたのは、ピューさんのスタイリスト、レベッカ・コービン=マレーさんだ。

コービン=マレーさんが投稿したピューさんの写真には「息を呑むほど美しい」などのコメントが寄せられている。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。