イギリス・ロンドンの街並み(イメージ画像)

巨大な2つの球体がロンドンの街中を転がり回る様子がソーシャルメディアに投稿され、話題となっている。

英テレグラフ紙によると、動画は強風と大雨の警報が発令されていた10月31日未明に撮影されたものだという。

銀色の巨大なボールは、一足早いクリスマス・デコレーションのように見えるが、実際はクリスマスとは全く関係ない。

この球体は本来、アーティストのトム・シャノン氏による「フォー・ワールド・セット」と呼ばれるアート作品の一部だったが、強風により吹き飛ばされてしまったという。

この作品を委託したEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)デュオ、マウント・キンビーのカイ・キャンポス氏はInstagramで悲しみを綴った。

Kai Campos(@kai__campos)がシェアした投稿

「10月20日に完成した作品を見たことは、これまで私が関わってきた中で、最もエキサイティングなことの一つだった」

「もっと多くの人がそれを見ることができないのは、本当に悔しい」

 

ハフポストUK版の記事を翻訳・編集・加筆しました。