イメージ画像

ドイツのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は11月9日、ユダヤ人に対する暴動が起きた「クリスタル・ナハト(水晶の夜)」を記念してチキンを食べようと呼びかけ、その後謝罪した。

BBCによると、KFCは自社アプリに「今日はクリスタル・ナハトです!自分へのご褒美に、とろりとしたチーズをかけたサクサクのチキンを食べましょう。KFチーズで!」 というメッセージを送信した。

すぐに謝罪「システムエラーだった」

ガーディアンによると、KFCは通知の1時間後に謝罪メッセージを送信。

「システムエラーだった」と説明し「心よりお詫びを申し上げます。すぐに社内手続きを確認し、二度と起こらないようにします」と謝罪した。

さらに、同社はエルサレム・ポストに寄せた詳細な声明で、年間行事カレンダーに紐づいた半自動のコンテンツ作成機能を使用しているが、今回の誤送信では「適切な内部審査が行われないまま、未承認の通知が送信された」と説明した。

そして今回の出来事について「明らかな間違いであり、無神経で容認できない」と述べ、「(クリスタル・ナハトの)重要性と歴史を理解し、敬意を払っています。引き続きすべての人のための公平やインクルージョンの取り組みを続けます」とコメントした。

ここ数週間、ラッパーのイェ(カニエ・ウエスト)氏やNBAのカイリー・アービング選手など、著名人の反ユダヤ主義的な言動が続いている。また、アメリカのバイデン大統領は10月、ユダヤ人に対する攻撃が増加していると懸念を示した。

反ユダヤ主義に対する懸念が高まる中で、KFCが今回のメッセージを送信したことに対し、SNSでは「ひどく不快な間違いだ」など怒りや批判の声が投稿されている。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。