マスク氏がTwitterを買収して約2週間。今Twitterでは何が起こっているのか(イメージ画像)

関連記事>>「Twitterを参加自由の地獄絵図にはできない」イーロン・マスク氏がTwitter買収で声明(全文)

 

新たなTwitterへようこそ。

ここでは、誰もが他人になりすますことができ、8ドルという低価格であなたにうわべだけの認証を与えてくれます。

少なくとも、今のうちはーー。


Twitter社の「イーロン・マスク時代」が始まってから約2週間、従業員の約半数が解雇され(➡︎集団訴訟に)、大手広告主は支出を一時停止し(➡︎「悲惨な」財務状況に)、以前の本人認証システムは破壊された。

つまり、誰でも他人のふりをしてアカウントを開設し、かつては一定の基準を満たしたアカウントにのみ付与されれていた「認証バッジ」が8ドルで購入可能となり、今や「認証」の意味を失った。

そのため、アメリカ元大統領“ジョージ・W・ブッシュ”が11月10日、「イラク人を殺していたのが懐かしい」とツイートし、それにイギリス元首相“トニー・ブレア“が「正直同感」と反応するという事態が起きた。

両アカウントは偽物で、最終的に停止されたが、それは最初の投稿から9時間以上経ち、広く注目を集めてからのことだった。

このような状況は広告主にとって、まさに「参加自由の地獄絵図」だろう。

Twitterで今、いったい何が起きているのか?簡単に振り返ってみよう。


本物は誰?

他人になりすまして認証アカウントを得るために毎月8ドル支払う人はいないだろう、とマスク氏が広告主に話した直後、多くのTwitterユーザーがまさにそれを実行した。

前出の“ジョージ・W・ブッシュ”元大統領や“トニー・ブレア”元首相を装った認証アカウントが出現し、イーロン・マスクやNBA選手レブロン・ジェームズなどの偽物が無数に現れたのだ。

そして、広告主にとって特に恐ろしいのは、偽物なのに「認証」されたブランドが出現したことだ。ゲームで有名な「Nintendo of America」はマリオが人々を跳ね飛ばしている写真を投稿し、医薬品メーカーの「Eli Lilly」は「インスリン注射薬が無料になった」と投稿した。

Twitterはアカウントを二重認証するためグレーの「公式ラベル」を一時デビューさせたが、マスク氏はそれをほぼ即座に中止させるなど混乱が続く。

マスク氏は広告主に対し、「あらゆる種類の欺瞞や不正に関与したアカウントを積極的に停止する」と述べたが、従業員の半分を解雇し、残った人たちに果てしないモグラ叩きゲームをさせている以上、それはいうほど簡単なことではないだろう。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。