ポーランドのプシェボドフ村の農場で起きた爆発の現場を調べる警察官。ミサイルが落下したとみられている(2022年11月16日撮影)

関連記事:ヘルソン市奪還の記念切手、予約スタート。描かれているスイカの種をよく見ると…

ウクライナ国境に近いポーランドの村で11月15日午後に爆発が起き、2人が死亡した事件をめぐり、北大西洋条約機構(NATO)とウクライナ政府で見解が対立している。

NATO各国は「ウクライナの防空ミサイル」がロシアのミサイルを迎撃しようとして誤ってポーランドに落ちたとする見方を強めているが、ウクライナは「ロシアのミサイルによる攻撃」とする主張を崩していない。

 

ロシア軍から奪還したヘルソン市を訪問した際のゼレンスキー大統領

一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は同日、ポーランドの爆発がウクライナの防空ミサイルによる物だとするNATO諸国の見解に反論した。

現地の通信社「インテルファクス・ウクライナ」によると、「私たちのミサイルではなかったことは間違いありません」と強調。軍から報告の信頼性に基づいて「ロシアのミサイルだったと私は信じています」と話した。

その上で、ウクライナが墜落現場に入ることを許可されるべきで、「私たちには調査チームに参加する権利があります」と訴えている。