土浦市と新潟県にそれぞれある「神立」という地名が縁で、神立商工振興会(土浦市、君山毅会長)は、神立高原スキー場へバスツアーを行った。
 市内の家族連れを中心に50人が参加し、早朝に同市神立中央を出発。バス2台は関越道などを経由し、同スキー場へ到着した。2015年から姉妹提携を結んでいるスキー場の関係者らが一行を出迎えた。おのおのスキーを楽しんだ後、JR越後湯沢駅へ立ち寄り、日本酒の利き酒をしたり、お土産を買ったりして新潟を満喫した。