■簡単! 初心者でもできるスタバの頼み方を解説

スタバの頼み方
出典:イチオシ | スタバのドリンクの頼み方を解説

「スタバの頼み方、注文の仕方が難しすぎる!」という声をよく聞きますし、”スタバ呪文”という検索がされているようです。気後れして入りたいのに入れない……というのはもったいない! 今回は、スタバ初心者さんでもマニアを目指せる頼み方、ヘビーユーザーにもおすすめの“とっておきのカスタマイズ”も紹介します。

■スタバで飲みたいドリンクを頼もう! 覚えておきたいコーヒーの種類

スタバの頼み方
出典:イチオシ | スタバの独特な名前のドリンクまとめ

スタバ初心者さんが「?」がいっぱいになってしまうのが、商品名とコーヒーの種類。スタバはコーヒーの取り扱いが多いうえに、聞きなれない言葉を使ったメニューの名前があるため、迷ってしまう人が多いようです。覚えておきたい商品のメニュー名や種類をご紹介します。

カフェミスト

アラビカ種コーヒー豆を使用したドリップコーヒーにスチームミルクを入れ、さらにふわふわのフォームミルクを乗せたドリンク。 いわゆる「カフェオレ」がこのドリンクにあたります。 甘さはないので、甘さがほしい人は、砂糖やシロップを入れて飲みましょう。

カフェモカ

エスプレッソに、ほろ苦いチョコレートシロップとミルクを加えたドリンク。ホットにはさらにホイップクリームがトッピングされます。 ほろ苦いといえどシロップが入っているため甘さがあり、カフェモカ=苦いと思って注文すると驚くかもしれません。

カフェ アメリカーノ

エスプレッソに熱いお湯を注いで作るドリンク。 一般的なアメリカンコーヒーとは作り方が異なるため、風味もスタバオリジナルなのが特徴です。

■スタバでの頼み方の基本的な流れ出典:イチオシ | スタバのドリンクの「頼み方」の手順飲みたいメニューが決まったら、もちろん購入したいですよね。スタバでドリンクを注文してから受け取るまでの基本的な流れを解説します。1.入店・列に並ぶ時間帯や場所により、列ができていることも多いスタバ。まずは入店したら列の最後尾に並び、順番がくるのを待ちましょう。足元に目印となる順番待ちの番号が書かれている店舗もあり、自分が何番目なのか目安が分かるほか、ソーシャルディスタンスの確保の役目もあります。店内席を使いたい場合は、列に並ぶ前に席を確保しましょう!スタバには、店内の席を利用したい人向けに「Reservation」と書かれたプレートが用意されています。プレートをあらかじめ使いたい席に置いておけばOKです。2.フードを選ぶ「まずはドリンクから!」と思いがちですが、スタバはレジ前にフードのショーケースがある店舗も多く、フードも食べたい人は先に選ぶのがおすすめです。サラダラップやサンドイッチ、ポテトチップスなどは自分で取ってレジへ持っていきますが、ケーキやドーナツなどのスイーツは、レジで注文して、店員さんに取ってもらうシステム。各メニューの札には、価格とカロリーが書かれているほか、あわせるのにおすすめのドリンクが載っている場合も。参考にするのもいいですね。3.ドリンクの種類を選ぶスタバはコーヒーから紅茶、フラペチーノまで、ドリンクの種類が豊富。列の間やカウンター上部にあるパネル、レジのメニュー表などを見ながら飲みたいドリンクを選びます。メニュー表は縦長サイズで、いちばん上に写真付きで載っているのが期間限定メニュー。その下に、通常のコーヒーやフラペチーノなどが続きます。「写真を見て決めたい!」という人は、列に並んでいる間に、スターバックス公式サイトの「Cafe」ページを見るのがおすすめ。ただし、公式サイトには一部店舗でしか取り扱いのないメニューも掲載されているので、利用する店舗で扱っているかどうか確認しておくことが必要です。限定メニューは各アイコンに「限定店舗」と記載されていますが「注文を間違えたくない」と不安な人は「限定店舗」表記のないメニューから選ぶと安心でしょう。ちなみに、スタバではドリンクのことを「ビバレッジ」と呼びます。注文時に使うことはあまりありませんが、覚えておくとスタバ通になれるかも!4.ホット/アイスを選ぶコーヒーやラテ系のメニューは、ホットかアイスを選ぶことができます。その日の気分や気温に合わせて決めてみてください。フラペチーノはアイスのみ、カプチーノとティーラテはホットのみの取り扱いです。5.サイズを選ぶスタバには、「ショート」「トール」「グランデ」「ベンティ」の4つのサイズがあります。それぞれの量は以下の通り。 ショート:240ml トール:350ml グランデ:470ml ベンティ:590ml 基本のサイズは「トール」なので、迷ったらトールを選択すると◎ほとんどのドリンクはこの4サイズの中から自由に選べますが、期間限定のフラペチーノなど、一部トールサイズのみのドリンクもあります。「いちばん小さいサイズを」「いちばん大きいサイズをお願いします」という頼み方をしている方を見たことがあります。あせったときの裏技として使うのも手かもしれないですね。5.カスタマイズを選ぶスタバの注文が「呪文」だといわれるひとつの要素が、カスタマイズ。スタバではさまざまなカスタマイズの種類があります。より自分好みのドリンクを楽しむなら、ぜひチャレンジしてカスタマイズマスターを目指しましょう!6.受け取りカウンターで待つ注文が終わり、料金を支払ったら受け取りカウンターへ移動します。ドリンクやフードができあがると、注文した「ドリンク・フードの商品名+お客様〜」と呼ばれます。これで購入完了です。■スタバのカスタマイズの種類出典:イチオシ | スタバドリンクをカスタマイズする「頼み方」カスタマイズは大きく分けて5つ。有料と無料のものがあります。 ミルクの変更 コーヒー 果肉 シロップ ホイップ/その他 「難しい!忘れてしまいそう……」と心配しなくても大丈夫。メニュー表にちゃんと記載されています。■ミルクの変更ミルクの種類で味はだいぶ変わりますよね。   無料 低脂肪タイプ 無脂肪乳 プラス55円 豆乳 ブレベ(牛乳と生クリームを5:5で混ぜて作ったミルク) アーモンドミルク ■コーヒーのオプションが選べるコーヒーにもこだわりってありますよね。   プラス55円 ディカフェへ変更(コーヒー、エスプレッソのみ) エスプレッソショットの追加・増量(1ショットにつきプラス55円) コーヒーの追加・増量(フラペチーノのみ) プラス110円で果肉を追加 シトラス果肉 シナモンアップル果肉 ■シロップの追加ここからは甘さを考えます。   無料 変更(バニラ、キャラメル、ホワイトモカ) プラス55円 追加(バニラ、キャラメル、ホワイトモカ) ■ホイップ/その他完全に自分好みのドリンクになってきますね。   0円 ホイップクリームの増量 ソースの追加(チョコレート、キャラメル、はちみつ) プラス55円 ホイップクリームの追加 チョコレートチップの追加 ムースフォームの追加(アイスビバレッジ・フラペチーノのみ) プラス110円 ティーバッグの追加・増量(1個につきプラス110円) これらのカスタマイズに加えて、期間限定のカスタマイズが用意されている場合もあります。「カスタムしてみたいけどどれが合うのか分からない」という人は、店員さんに「このドリンクにはどんなカスタムが合いますか?」と聞くのもひとつの手。カスタムするとどんな味わいになるのか、詳しく教えてくれる店員さんも多く、今後のスタバライフの参考にもなりますよ。■スタバのフラペチーノの頼み方と人気のカスタマイズ2選SNSでも大人気のスタバのフラペチーノ。注文の仕方は基本の流れと同じです。クリームたっぷりでそのままでも豪華ですが、もちろんフラペチーノもカスタマイズOK!人気のカスタマイズを2種類を取り上げます。オレオフラペチーノ<注文内容> バニラクリームフラペチーノ チョコレートチップを追加(+55円) チョコレートソースを追加(無料) ホイップクリームを増量(無料) <頼み方> 「バニラクリームフラペチーノの○○サイズに、チョコレートチップとチョコレートソースを追加、ホイップクリームを増量してください」 話題のカスタマイズのオレオフラペチーノ。お菓子の「オレオ」がドリンクになったような味わいを楽しめます。ホイップの部分はぜひスプーンで食べてみて! チョコレートパフェ感覚でいただけます。チョコレートソースの追加は「多めで」と頼むのもおすすめです。キャラメルチョコチップクリームフラペチーノ<注文内容> ダークモカチップフラペチーノ チョコレートチップを追加(+55円) キャラメルソースを追加(無料) チョコレートソースを追加(無料) ホイップクリームを増量(無料) <頼み方> 「ダークモカチップフラペチーノ○○サイズに、チョコレートチップとキャラメルソース、チョコレートソースを追加、ホイップクリームを増量してください」 ほろ苦いダークモカチップフラペチーノを「あまあま」に楽しめるカスタマイズ。カリカリ食感のチョコレートチップとキャラメル・チョコレートのダブルソースによって、デザートを食べているような満足感を得られます。これだけカスタマイズしてもプラス55円というコスパも魅力。かなり甘いので、甘党さんにおすすめです。各カスタマイズの名前は「裏メニュー」として知られていることも多く、カスタマイズ名を言えば店員さんが理解してくれることもありますが、ドリンク名+カスタム内容で伝えるほうがより正確に注文できます。■注文が不安な人は「モバイルオーダー」を使うのも手「店頭で上手く注文できるか不安」「なかなかメニューが決められない」という人は、モバイルオーダーを使うのもひとつの手。モバイルオーダーは、公式アプリまたはWEBサイトから利用でき、事前に商品を選択&支払いまで済ませるため、並ぶことなく受け取れるというメリットもあります。【まとめ】スタバの頼み方が呪文に聞こえる人も、カスタマイズに挑戦してマスター!出典:イチオシ | スタバの頼み方をマスターしてスタバの頼み方が呪文のように聞こえていた方もここまで読んだら、マスターへの第一歩を踏み出しています。「覚えてしまえば簡単!」と言われても「えええ」と思うかもしれませんが、ドリンクが自分好みに変わってオリジナル感が出てくるのは楽しいもの。まずは通常ドリンクを飲んで、慣れてきてからお気に入りを見つけるのもおすすめです。