持続可能でよりよい世界を目指す国際目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)。国内外でSDGsに精力的に取り組むリーダーたちと共に、SDGs 達成に向けたアクションを応援する祭典「SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN」が2021年3月25日(木)・26日(金)にオンラインで開催!日本からの企画を世界に発信します。各界の代表をはじめ、お笑い芸人など、多彩な登壇者に加え映画の上映など内容は盛り沢山。これからSDGs に取り組みたい人も、すでに取り組んでいる人も、おうちからイベントに参加して、これからの暮らしのヒントを見つけちゃいましょう!



SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN





「SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN」は、日本にある国連諸機関が結集し、国内外で SDGs に精力的に取り組む各界 のリーダーたちとともに、SDGs 達成に向けたアクションを応援する祭典。
2017 年より、ドイツで開催されてきた「SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション」を、2021年は初めてオンラインで開催し、また初めてのローカル版として、日本からの企画を全世界に発信します。



コロナ禍や気候による災害が続き、人と地球が転換期を迎えている今、SDGsを活用し、これまでの生活を見直すとともに復興に向けて世界を変えてゆこうと開催。「世界を変えよう 人と地球のために」をテーマに、今一度地球のために何ができるのかを一緒に考えてみませんか?



多彩な内容と登壇者たち



今回のイベントでは、12 の駐日国連機関がセッションが企画されています。日本やアジア、中東、アフリカなど世界中から、国連、企業、起業家、NGO、若者団体、自治体など各界の代表が登壇し、国や世代を超えて、SDGs 達成に向けたアイデアや成功例、これからの活動に込めた想いなどを語ります。



他にもUNHCR親善大使であるMIYAVIや、ゆりやんレトリィバァ、古坂大魔王などの著名人によるトーク・パフォーマンスや、映画の上映など多種多様なプログラムを企画。20 代の登壇者も多く、イノベーション、インスピレーション、エンタテイメントを軸に展開されます。参加者は全世界から2万人以上の見込み。日本からのアイデアを発信しつつ、海外からも学び、つながることのできる絶好の機会をお見逃しなく!



参加登録が必要



フェスティバルの視聴には事前の参加登録(無料)が必要です。興味のある人はぜひ登録してみてくださいね!


SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション(グローバル版) 





こちらのイベントは、「第5回 SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション」の一部として開催され、参加者は同じサイトから、フェスティバルのグローバル版と、日本版(「フェスティバル from JAPAN」)の両方を視聴可能。グローバル版(英語・フランス語・スペイン語・国際手話で放映)では著名人によるセッションのほか、SDG アクション賞の授与式、SDGs 推進のアイデア作りやハウツー伝授のワークショップ、ネットワーキングのスペース、アート作品等の展示コーナー、資料室などが企画されています。



SDG グローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN
【日時】2021 年 3 月 25 日(木)18:00~20:30 / 26 日(金) 17:00~23:10 (予定)
(※国連ウェブ TVでも一部放映。後日、YouTube でも配信予定)
共催 国連SDGアクションキャンペーン/国連開発計画及びジャパンSDGsアクション推進協議会 言語 英語(英日同時通訳 及び 国際手話通訳あり)/ 参加費 無料 
【テーマ】世界を変えよう 人と地球のために (#TurnItAround for People and the Planet)
(4 本柱):気候変動対策、貧困と格差、ジェンダーの平等、 包摂的なシステムと持続可能な金融 
【登壇者例(敬称略)】
中満泉(国連事務次長・軍縮担当上級代表)/宇都隆史 外務副大臣/黒岩祐治 神奈川県知事/渋澤健 シブサワ・アンド・カンパニー 代表取締役/アンドリューパーソンズ 国際パラリンピック委員会(IPC)会 長/ ピュール ビエル(南スーダンの難民オリンピアン)/ 日本、ガーナ、タイ、バングラデシュ、レバノン、ナイジェリアの若者/ 紺野美沙子 UNDP 親善大使/ MIYAVI UNHCR 親善大使/ ゆりやんレトリィバァ /古坂大魔王ほか