激安スーパー「ロピア」には、さまざまな限定商品があります。ロピアでしか出会えない商品は、レア感があって気になりますよね。その中でも気になるのが、ジャーキーなどのおつまみ系。おうち時間・おうち飲みが主流になっているので、おいしいおつまみは欠かせません。今回は3種類のジャーキーをはじめ、他にも気になったロピア限定おつまみを実食ルポでご紹介します。

©Tsukino_Peperoncino


ロピア限定! 3種のジャーキーはパッケージも可愛い



ロピア限定のおつまみの中でも、とくに目を引くのがジャーキー類。「肉職人こだわりの逸品」と書かれたパッケージも可愛いジャーキーは、以下の3種類のラインナップがあります。



  • ソフトビーフジャーキー 税抜599円
  • ソフトポークジャーキー 税抜499円
  • チキンジャーキー    税抜399円


決して安くはありませんが、ちょっと贅沢なおうち飲みのお供におすすめです。ジップがついているので、食べかけでも乾燥せずにおいしさをキープできます。では早速、実食してみましょう!



ロピア限定「ソフトビーフジャーキー」は肉感がスゴイ!



©Tsukino_Peperoncino


「ブラックアンガス」と書かれたビーフジャーキーは、「お肉そのものを食べている!」という感覚になれるほど肉感がスゴイです。コーンビーフのような香りがしますが、食べてみるとステーキ感覚。



©Tsukino_Peperoncino


ソフトポビーフジャーキーというだけあって、一般的なビーフジャーキーよりもやわらかくて食べやすいです。



ロピア限定「ソフトポークジャーキー」は味が濃いめでお酒に合う!



©Tsukino_Peperoncino


肉の中でも豚肉がもっとも好きなわたし。期待していたポークジャーキーは、味が濃いめでお酒によく合う味です。



©Tsukino_Peperoncino


ビーフジャーキーよりもカットが大きいので、持ってみると迫力がありますね。



フランスブルターニュ地方産の豚肉を使用していて、臭みが少ないのが特徴。ビーフジャーキーよりもさらにやわらかいので、とても食べやすいです。



ロピア限定「チキンジャーキー」はちょっと甘め!



©Tsukino_Peperoncino


チキンジャーキーは、3種類の中では少し硬めの食感です。味は濃いのですが、他の種類に比べると少し甘みを感じます。



見た目は鮭とばみたいですが、食べてみるとまぎれもなくお肉です。チキンは淡白な味のイメージですが、ロピア限定チキンジャーキーはもっと奥深い味がします。



パッケージには「国産鶏ムネ肉使用」と書かれているので、国産にこだわりのある人も安心ですね。



ロピア限定おつまみ厳選2種をご紹介!



ジャーキー類以外にも、ロピア限定のおつまみシリーズがたくさんあります。「あたりめ」「貝ひも」「さきいか」などの定番も豊富ですが、ちょっと気になるおつまみを発見。



芳醇な香りが特徴の「燻製さきいか」



©Tsukino_Peperoncino


一般的な「さきいか」は、甘みが強くて少し苦手なんです。でも、「燻製さきいか」は燻製の風味が味わい深くて、手が止まらないおいしさ。



こちらはジップがついていないので、保存するときはビニールやジップパックに入れておくのがおすすめです。


かつお風味と燻製のコラボ「うずらのたまご味付き」



©Tsukino_Peperoncino


「うずらのたまご味付き」は、かつお節と醤油の味付けで和風に仕上がっています。燻製風味と書かれていますが、そこまで燻製は強くありません。



©Tsukino_Peperoncino


酒好きにはたまらない、ビールにも日本酒にもよく合う味です。



また、1個ずつ個別包装になっているのもうれしいポイント。おいしさを封じ込めてあるので、パッケージを開けてしまっても安心です。