ありとあらゆるものがそろう「ダイソー」、100円でこんなものまで?!と驚くこともしばしば。気がつけばカゴがいっぱいになっていたなんてことも珍しくありません。今回は増えがちなマスキングテープをすっきり収納できるマステホルダーを試してみました。隙間収納できてテープカッターまで付いている便利ポイント満載のアイテムをご紹介!

テープホルダーとマステ


隙間に入る縦型収納マステホルダー



パッケージ


デコレーションやラベリングなどいろいろなシーンで活躍してくれるマスキングテープ。可愛い柄を見つけるとついつい買ってしまいますよね。そんなわけでいつの間にか増えてしまうマスキングテープ、上手に収納できるマステホルダーを見つけました!



マステホルダー


マスキングテープの収納といえばボックスタイプを思い浮かべますが、今回購入したのは、本のように収納できる縦型のマステホルダーです。



マステホルダーを開いたところ


開いてみるとテープをはめる凸部とテープカッターがそれぞれ3カ所あります。かなりしっかり閉まるため、開くときは少し力が必要でした。



マスキングテープを入れてみる



対応幅


今回購入したのはテープ対応幅30mmのタイプ。他に対応幅18mmのタイプもありました。



対応サイズ


テープの対応サイズは外径54mm以下、内径26mm以上、テープ幅30mmまでとのこと。



30mm幅収納例


幅30mmのテープを入れてみると、ちょうどぴったりのサイズです。



15mm幅収納例


幅15mmのものならば、2つ並べて入れることができます。



セロハンテープ収納例


対応サイズのものであれば普通のセロハンテープや両面テープも収納可能。これならテープ類を一カ所に集めておけますね。



利き手に合わせて使えるテープカッター



フタの一部を開いたところ


このホルダーの便利なポイントは、収納したままマスキングテープを使えるところ。フタの一部が開くようになっているのでここからマスキングテープを引き出し、テープカッターで切って使えます。



左手でテープをカットしているところ


わざわざハサミを準備する必要もなくて便利〜。



右手でテープをカットしているところ


テープカッターは上下についているので、テープの向きを変えて入れれば、反対の手でカットすることも可能。利き手に合わせてセットしておくことで、より使いやすくなります。



隙間にぴったり、縦型収納



机の上の隙間に収納したホルダー


何かとものが多く、ごちゃごちゃしがちな机の上でも、縦型収納のテープホルダーならちょっとした隙間に収納可能。サッと取り出して使うことができます。



テープでラベリングした背表紙


マステがたくさんありすぎて、どこにどれをしまったかわからなくなってしまう人も、背表紙に収納したマステを貼ってラベリングしておけばわかりやすく、使いたいものがすぐに取り出せますよ。



省スペースで使いやすいテープホルダー。マスキングテープの収納にお困りの方は一度使ってみては?



スキマに入る縦型収納マステホルダー (テープ対応幅30mm)
110円(税込)



[All photos by Mayumi.W]



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。