つい手に取りたくなる可愛い雑貨が300円で買えちゃう3COINS<スリーコインズ>。各種メディアで取り上げられ話題になっている「ちょこっとボウル」は、これ一つで下ごしらえからレンジ調理までこなせる優れもの! 実際にいくつかの料理をつくって、その使い勝手を確かめていきたいと思います。

3COINS、スリーコインズ、スリコ、ちょこっとボウル、レンジ調理


3COINSの「ちょこっとボウル」





ボウル一つで料理の下ごしらえができて、レンジでチンしたらそのまま食卓に並べられる「ちょこっとボウル」。キッチンに出しっぱなしにしても悪目立ちしない、落ち着いたグレージュの調理グッズです。





ボウル本体とフタといういたってシンプルなつくり。パチっと開く蒸気弁がフタ部分についているので、ザル不要で湯切りすることもできます。調理器具が少なければその分洗い物も減るので助かりますね。直径は15cmほどで、容量は1.1リットル。メインのおかずにになりそうな肉じゃがやクリームシチューなどを作るなら、1〜2人分にちょうどいい大きさです。





でもどうやって使えばいいの?とお悩みの方。パッケージに記載されたQRコードにアクセスすればアレンジレシピ集が見られるので、まずはここから試してみましょう。


本当に便利なの?どのくらい簡単?実際に使ってみよう



「レンジで肉じゃが」を作ってみた





ボウルの中にカットした野菜としらたき、牛肉を入れます。醤油や酒、砂糖などの調味料をあわせて上から回しかければ、下ごしらえは完成。





ボウルにフタをし、蒸気弁をパチっと開けたら600Wに設定したレンジで7分間加熱するだけ。びっくりするほど簡単です。





7分経過したのでヤケドに注意しつつレンジから取り出し、味見をしてみました。野菜の火の通り具合にちょっぴり偏りがあったので、ぐるっとかき混ぜて追加で3分加熱。その結果、ジャガイモもニンジンもしっかり柔らかくなりました。カットした具材の大きさによって熱の通り具合も変わるので、追加で加熱する時間はお好みで調整してくださいね。





お鍋で作る肉じゃがって、落とし蓋をしたり火加減を調整したりとそこそこ手間のかかるもの。でも材料を切ってレンチンするだけで本当にできちゃった! 調理はレンジにおまかせなので、空いた時間はお味噌汁や副菜などの用意にあてることができました。



「レンジでボウルプリン」を作ってみた





プリンを作るのって、蒸し器かオーブン使用が必須かと思っていた筆者。本当にレンジだけでできるのか半信半疑ですが、レシピに従い調理していきましょう。ボウルに卵や牛乳、砂糖を入れてしっかりと混ぜあわせたら、こし器でこして「ちょこっとボウル」に入れます。





フタはせずに600Wに設定したレンジで5分間加熱し、軽く混ぜます。そのあとは様子を見つつ、30秒刻みで好みの固さになるまで加熱を繰り返すだけ。今回は追加30秒の加熱を2回しました。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。





ふるふる食感のプリンがお手軽に完成! カラメルの代わりに、自宅にあったエスプレッソソースを上からかけてみたところ、甘めのプリンと相性バッチリでおいしくいただけました。とっても簡単なので小さなお子さんと一緒に作るのもいいかも。



ザル不要で湯切りができるのでパスタ調理もラクチン





パスタ調理はどうでしょう。一人分のマカロニペンネに熱湯を入れ、レンジ加熱で調理してみます。パスタの袋に書いてある「ゆで時間」どおりの10分間、600Wのレンジで加熱。





取っ手が小さめなのでボウルを落とさないように、かつ蒸気でヤケドをしないように気をつけながら湯切りしていきます。





モッツァレラチーズと生バジルを入れ、ジェノベーゼペーストで和えたらあっという間にお一人様ランチの完成〜。お皿に移し替えずにいただいたので、洗い物が増えずにトクした気分。



お料理ビギナーさんにもおすすめの調理グッズでした





出かける前に下ごしらえを済ませてしまえば、帰宅後チンするだけで手作りのおかずが食べられちゃう。時短が叶うだけじゃなく、お鍋やザルがなくても簡単におかずが作れるので、一人暮らしの方やお料理初心者さんにもおすすめしたいアイテムでした。3COINSの「ちょこっとボウル」、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。



【時短料理におすすめ】ちょこっとボウル
サイズ:(約)幅15.5cm×奥行19.4cm×高さ10.5cm
容量:約1.1L
価格:330円(税込)
https://www.palcloset.jp/display/item/2012-F-BW-0000A/?cl=01&b=3coins



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。



[All photos by イエモネ編集部]