具材がたっぷり入ってごま油の風味が香ばしい韓国海苔巻き「キンパ」。海苔巻きというと巻きすがないと作れないものですが、まきすがなくても今回紹介する方法なら簡単にキンパが作れちゃうんです。今回は折りたたむだけで作れるキンパのレシピを紹介します!

巻きすいらずで簡単に韓国海苔巻き「キンパ」が作れる「折りたたみキンパ」を作ってみました!


「キンパ」とは?



「キンパ」とは?


韓国の海苔巻き「キンパ(キムパッ、キムパブと書くことも)」はあちこちにチェーン店があるくらい、韓国では定番のお手軽料理です。日本の海苔巻きと違うのは酢飯ではなく白飯を使っていて、生魚以外の多くの具材を巻いて、ごま油で味付けをすること。



具材は定番のほうれん草やにんじんのナムルやたくあんの他に、焼肉やキムチ、ツナを一緒に巻いたりします。



折りたたみキンパの作り方を紹介!



折りたたみキンパの材料


<材料>1人前



  • ご飯:茶碗半分くらい
  • 板海苔:1枚
  • 卵:1個
  • スパム(ランチョンミート):薄切り1枚
  • カニカマ:2〜4本
  • たくあん:2〜4切れ
  • 大葉:2枚
  • ごま油:適量
  • 塩:少々
  • 白ゴマ:少々


<作り方>



海苔は4つに折った下半分の真ん中に切り込みを入れます


海苔は4つに折った下半分の真ん中に切り込みを入れます(写真のような感じです)。この切り込みが折りたたむときに重要になってきます。



海苔全体にごま油を塗り塩と白ゴマを振りかけます。


海苔全体にごま油を塗ります。塩と白ゴマを振りかけます。



卵は溶いて四角く薄焼きに、スパムもしっかり焼きます。2つとも海苔の大きさより少し小さめに形を整えると、折りたたみやすくなります。



準備した具材を載せていきます


準備した具材をのせていきます。左下にご飯、左上にカニカマとたくあん、右上に薄焼き卵と大葉、右下にスパムをのせます。のせる場所はご飯以外は自由でいいと思いますが、ご飯が左下に来るようにしてください。この白ごはんはつなぎの代わりになります。



左下のご飯の部分を左上に折り畳みます


具材を載せたら、まずは左下のご飯の部分を左上に折り畳みます。



次は左上から右上に


最後は、右上から右下に折りたたみます


次は左上から右上に、そして最後は、右上から右下に折りたたみます。



折りたたみキンパの出来上がりです!


全部たたんで軽く押します。折りたたみキンパのできあがりです!このままラップに包んでお弁当に持っていくこともできますよ(筆者はそのまま持っていってしまいます!)



半分に切ると、断面がとても綺麗に仕上がっています


半分に切ると、断面がとてもきれいに仕上がっています。萌え断ですね!少し崩れやすいので、ラップに包んだまま切るといいかもしれません。



ごま油が香ばしくて具材も多いので満足感たっぷりです。具材はキムチやツナ、焼肉を入れてもよいですよ。好きな具材をぜひ試してみてください!



手軽に「キンパ」が作れるのでお弁当におすすめ!



手軽に「キンパ」が作れるのでお弁当にオススメ!


片手で食べれる海苔巻きはお弁当に最適ですが、作るのが面倒ですよね。でもこの折りたたみキンパなら、具材をのせてたたむだけなので簡単に作れるのがポイントです。みなさんもぜひお試しください!



[All Photos By Kaori Simon]