手軽に買えて、幸せなひとときをくれるローソンのスイーツたち。棚に並んでいるのはどれを食べていいか迷ってしまうほどクオリティの高いスイーツばかりです。今回そんなローソンで購入したのは、一部の店舗のみで買えるシャトレーゼ製の「バターとら焼き」。どら焼きならぬ“とら焼き”とは一体どんなお菓子なのか?鬼リピ必死のスイーツを実食ルポします!

とら焼きとパッケージ


ローソンで買えるシャトレーゼ製スイーツ





今回ご紹介するバターとら焼きは、ローソンで見つけたスイーツ。店内のポップにシャトレーゼの名前が書いてあったのが気になり購入してからやみつきになり、ローソンに行くと必ず購入する筆者お気に入りの鬼リピ商品です。





どら焼きではなくて“とら焼き”なところがポイント。子どもの頃読んだ絵本に、虎が木の周りを回りすぎてバターになってしまうお話がありましたが、なんとなくそれを彷彿とさせます。





裏書きの製造者の欄には、しっかりとシャトレーゼの文字がありました。シャトレーゼのスイーツが近所のコンビニで買えるなんてうれしい限りです。



虎柄が可愛い「とら焼き」





お皿に出してみると見事に虎柄!普通のどら焼きよりちょっとパンケーキっぽく見えます。どうやって焼くとこんなきれいなしましま模様になるのでしょう。





生地をめくってみるとあんこの上にのった、たっぷりのバタークリームが見えました。





半分にカットして断面を見てみるとふっくらとした粒の残った艶のある小豆と、それを覆うように入っているバタークリームが層になっています。お店のポップによると、粒あんは北海道産の小豆を丁寧に自家炊き、バタークリームは、北海道産バターと沖縄の海水塩を配合するなど素材にもこだわった一品のようです。



甘さとしょっぱさがクセになる!





手に持って見るとしっとりとした感触の皮。





横からでも見えるあんことバタークリームがおいしそう〜。





一口かじるとふんわり優しい甘さの生地に、粒あんの上品な甘さと、バタークリームの塩気とコクが絶妙!バタークリームは口に入れるととろけてしまうやわらかさです。



バタークリームと聞くと甘いものを想像しますが、甘さはなくバターの塩気がしっかり効いたクリームです。端っこまであんことバタークリームが入っているので、どこを食べても偏りなく、最後までおいしく食べられます。



甘さとしょっぱさのループでペロリと食べ終わってしまいました。この味がコンビニでいつでも買えるなんて感動〜。





ふんわり生地にふっくら粒あんとバターのしょっぱさのバランスがたまらない「バターとら焼き」。ローソンで見つけたらぜひ食べてみてくださいね!



バターとら焼き
178円(税込)
賞味期限 筆者が購入したときは約1週間でした



[All photos by Mayumi.W]



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。