いつも行くたびワクワクする食材やスイーツに出会えるカルディ。今回は、何かおいしそうな秋スイーツ(特に栗!)はないかなと探していたら、ありました。カスタードケーキ「いのち・栗」です。あのコスパ抜群「ポロショコラ」のラグノオのお菓子だとわかり、期待が高まります。税込129円とプチプラなのも魅力の「いのち・栗」を実食ルポ。



ラグノオといえば「ポロショコラ」。では「いのち」とは?





筆者にとってラグノオといえば、なんと言っても人気商品の「ポロショコラ」のイメージが強く、「いのち」は初めて知りました。パッケージにもあるようにカスタードケーキで、ラグノオの公式サイトを見るとりんごフレーバーがスタンダードのようです。


というのも、実はラグノオは青森県弘前市の会社。りんごのお菓子をたくさん生み出し、いくつもの賞を受賞しているんです。



「いのち」という一度聞くと忘れられないネーミングは、地元弘前市が舞台となった大河ドラマが由来なのだそう。



季節限定のフレーバー「いのち・栗」





今回いただく「いのち・栗」は、季節限定のフレーバー。刻み栗入りカスタードクリームの中に、栗ペーストを閉じ込めたケーキです。





袋を開けると、まんまるお月さんのようなカスタードケーキが現れました。萩の月ほど表面になめらかな美しさはないけれど、しっとり感とふんわり感が伝わってきます。




中のカスタードクリームは、とろりとしていておいしそう!中心に栗ペーストがしっかり入っています。刻み栗の存在感はビジュアルからはあまり感じられませんが、早速刻みとペースト、ダブルの栗感がどれくらいなのか味わってみたいと思います。



実食!ふんわり、とろ〜り、卵と栗の風味にやさしく包まれる





そっと持たないと手で潰してしまいそうなほどふんわりしたケーキは、甘さ抑えめでフワフワの食感に癒されます。卵の風味を生かしたカスタードクリームはそれだけでも十分満足。そこに風味豊かな栗ペーストが加わると・・・はいお値段以上です、これは。クリーミーなハーモニーは、そのまま秋の調べを奏でて、まるで音楽を聴いているように楽しく満たされた気持ちになりました。





食べ進めていく中でも、刻み栗はゴロゴロ入っているという感じではありませんでしたが、個人的にはカスタードクリームと栗ペーストのクリーミーなハーモニーがすごく気に入ったので問題ありませんでした。





コーヒー、紅茶、日本茶、牛乳、なんでもあいそうなカスタードケーキですが、今回は、同じくカルディのバニラマカダミアフレーバーコーヒー(税込130円)と共にいただきました。バニラとマカダミアの甘い香りが濃厚で、栗とお互い引き立てあってくれました。おすすめです。



ラグノオは「いのち・栗」もやっぱりコスパよし!でした





気軽にいただける価格と、期待以上のおいしさでコスパ抜群の「ラグノオ いのち・栗」。秋だけのお楽しみなので、お見逃しなく〜。



ラグノオ いのち・栗
129円(税込)
https://www.rag-s.com/season/

カルディオリジナル カフェカルディドリップ バニラマカダニアフレーバーコーヒー
130円〜650円(税込)
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4515996018756?sFlg=2



[All Photos by Aya Yamaguchi]



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。