“ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに、オリジナル商品が並ぶ久世福商店。だし・調味料・冷凍食品・お菓子など、どれも全国各地の地元で愛される誇り高き生産者さんと一緒に開発されたものです。万能だしをはじめ、1度使うとリピートしたくなるものもたくさんありますよ。そんな久世福商店のこだわりの品々の中から今回ルポするのは、至福のひと時「大人の牛しぐれ」。アレンジした料理と一緒にご紹介します!



久世福商店 至福のひと時「大人の牛しぐれ」





今回ご紹介するのは、久世福商店のこの秋の新商品「至福のひと時 大人の牛しぐれ」。“至福”と“大人”って言葉に特別感を感じて、なんだかワクワクします。どんな牛しぐれなのでしょうか?さっそく確認していきます!



国産の牛肉と山椒を使った「大人の牛しぐれ」





「大人の牛しぐれ」は国産牛肉を使用しています。





山椒も国産を使用。国産の原材料って、やっぱり安心でうれしいです。



さっそく開封





ふたを開けると、まずは生姜のよい香りがふわ〜っとしてきます。この香りだけで、間違いなくおいしいと確信ができるほど。ぱっと見た目は、牛肉は見えません。





スプーンですくってみると、すぐに大きいかたまりにぶつかります。切り落としのような薄い肉じゃない!ごろごろとしたサイズ感です。生姜の千切りもたっぷり入っています。



まずは、白米と





生姜がよくきいていて、甘くて濃いめの味付けです。生姜のシャキシャキした食感がほどよいアクセント。 2杯目はお茶漬けかな〜。



アレンジ料理に挑戦!



牛しぐれめし





まずは、少量の油をいれたフライパンにささがきにしたごぼうを入れ、めんつゆで炒め煮をします。ごぼうがやわらかくなったら、牛しぐれを入れてすぐに火を止めます。





ごろごろした牛肉は食べ応えがあります。このまま食べれば、お酒のおつまみに◎。





大分市吉野地区の郷土料理「鶏めし」風にアレンジ。温かい白米に先ほど炒め煮したごぼうと牛しぐれを混ぜたら完成です。甘じょっぱいたれが白いごはんに染み込んでおいしい。



牛しぐれうどん





ねぎやごぼう、なすなど冷蔵庫にある好きな野菜をいれて、うどんつゆを作ります。最後に牛しぐれを好きなだけ入れたら完成。温かいうどんやそばでもおいしそうです。



牛しぐれ丼





浅くて小さめの鍋かフライパンにめんつゆを入れて、親子丼を作る要領で玉ねぎを煮ます。玉ねぎが煮えたら牛しぐれを好きな分だけ入れて、すぐに卵でとじます。卵に火が入ったら完成。リッチな牛しぐれ丼ができました。



韓国風牛しぐれのおつまみ





おいしかった牛しぐれも残すところあとわずか・・・。になったらこれがおすすめ。牛しぐれとほぼ同量のキムチ、適量のごま油を混ぜあわせたら完成です。





海苔で巻いたら、簡単おつまみのできあがり〜。和の牛しぐれがあっという間に韓国風に変身しちゃいました。ごはんを一緒に巻いてもおいしいですよ。



その名にふさわしい大満足の牛しぐれ





牛肉のしっかりした歯ごたえと、鼻をくすぐる国産山椒の爽やかでいて強すぎない、華やかな香り。たっぷりと入った生姜の千切りの食欲をそそる香りとシャキシャキした食感がなんとも絶妙なバランス。



「至福のひと時 大人の牛しぐれ」の名にふさわしい大満足の牛しぐれでした。



大人の牛しぐれ 135g
価格:754円(税込)
賞味期限:製造日より240日
https://kuzefuku.com/?page_id=13&eci_product=fk00215



[All Photos by Mari.M]