秋がだいぶ深まってきましたね。秋の味覚が続々登場し、栗もおいしい季節となりました。そんな栗を使ったスイーツの代表といえば、「モンブラン」。さまざまなタイプのモンブランが今年も登場していますが、今回紹介するのは和菓子屋さん「鎌倉五郎」が作った和洋折衷のモンブラン「和菓子屋のモンブラン 小波」です。

鎌倉五郎「和菓子屋のモンブラン 小波」


早速、開封!鎌倉五郎「和菓子屋のモンブラン 小波」



鎌倉五郎「和菓子屋のモンブラン 小波」


「鎌倉五郎」は、鎌倉にお店を構える和菓子屋さん。東京駅の大丸などにもお店を出店しています。今回紹介する「和菓子屋のモンブラン 小波」は、名前の通り和菓子屋さんである鎌倉五郎が生み出した和洋折衷のモンブランです。



栗が可愛らしい箱を開けると、モンブランのお目見えです!


栗のイラストが可愛らしい箱を開けると、モンブランのお目見えです!



サイズはそんなに大きくなく、3〜4人で食べ切れるサイズ


切り込みが入ってるので簡単に取り分けられるのが嬉しいですね


サイズはそんなに大きくなく、3〜4人で食べ切れるサイズ。切り込みが入ってるので簡単に取り分けられるのがうれしいですね。取り分けると、1切れは大きいスプーン1杯分くらいです。大きすぎない控えめなサイズなのもいい感じです。



しかし、このモンブランの主役はこの下に潜んでいます


上部にはモンブランには欠かせない栗ペーストがたっぷりです。しかし、実はこのモンブランの主役はこの下に潜んでいます。



モンブランは3層になっています


一番上には栗ペースト、2層目には蜜漬け渋皮栗の刻みが入ったクリーム、そして一番下にはお芋と栗を使った栗芋きんとん


取り分けてみました。モンブランは3層になっています。一番上には栗ペースト、2層目には蜜漬け渋皮栗の刻みが入ったクリーム、そして一番下にはお芋と栗を使った栗芋きんとん。そうなのです、洋菓子のケーキではスポンジやメレンゲなどを使ったベースが和菓子のきんとんなのです!これは斬新。



ほっくり栗芋きんとんのモンブラン



ほっくり栗芋きんとんのモンブラン


ふわふわに柔らかいので、スプーンでいただくことにしました


早速実食です!ふわふわに柔らかいので、スプーンでいただくことにしました。そっとスプーンですくって口の中に入れると、栗の風味が広がります。栗芋きんとんは甘さ控えめ、クリームも甘さを控えめに作ってあって、相性抜群です。刻んだ栗もいいアクセントになっています。



洋菓子のモンブランが甘すぎる方や、年配の方にも!



洋菓子のモンブランが甘すぎる方や、年配の方にも!


テレビで紹介されてから連日夕方には当日販売分が完売してしまうという「小波」。栗のお菓子は好きだけど、ケーキのモンブランは甘すぎるという方には、この「小波」はおすすめです。サイズも小さいのでさらっと食べれますし、甘さも控えめでしっかり栗の味が楽しめます。筆者の母親は、以前からこの「小波」のファンでしたが、和菓子っぽく食べられるのがよいそうです。みなさんもぜひお試しください!



和菓子屋のモンブラン 小波
販売価格:1箱9個入 999円(税込)
賞味期限:当日中
https://www.kamakuragoro.co.jp/products/konami.html
[All Photos By Kaori Simon]​​



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。