寒い冬はあったかいうどんが食べたくなりますよね。いつものうどんに飽きたら、ちょっとアレンジ! 鶏肉と卵で親子丼ならぬ親子うどんを作りましょう。たっぷりしょうがと片栗粉でとろみをつけた出汁が決め手。体の芯から温まりますよ。味付けは白だし1本で勝負。簡単なのにやさしい和風味が身に沁みます。寒い日にはもちろん、風邪をひいたときにも食べたくなる味ですよ。

皿に盛った親子うどん©︎taki


しょうがたっぷり「親子うどん」



©︎taki


材料(二人分)



©︎taki


  • うどん(ゆで)・・・2玉
  • 鶏もも肉(カット)・・・150g
  • 卵・・・2個
  • 三つ葉・・・1束
  • しょうが・・・1かけ
  • 白だし・・・90ml
  • 水・・・500ml
  • 水溶き片栗粉・・・水:大さじ3杯/片栗粉:大さじ2杯
  • 塩・・・適量


※このレシピでは白だし(4倍濃縮)を使用しています。



作り方



©︎taki


1. 卵は溶いておきます。三つ葉は洗って2〜3cmにカットしておきます。しょうがは洗って皮をむき、太めの千切りにします。



©︎taki


2. 小鍋に水と白だしを入れて中火にかけます。



©︎taki


3. 軽く沸騰したらしょうがと鶏もも肉を入れます。



©︎taki


4. 鶏もも肉が白っぽくなりある程度火が通ったら、うどんを入れて袋に表示通りの時間ゆでます。アクが出たらその都度取り除きましょう。



©︎taki


5. うどんをゆで終わったら弱火にして、水溶き片栗粉をまわし入れます。



©︎taki


6. 再度中火にしてしっかりとろみをつけます。



©︎taki


7. とろみがついたらといた卵を流し入れ、固まるまでそのまま火にかけます。



©︎taki


8. ある程度卵が固まったら、おたまでさっとかき混ぜます。ここで味をみて、塩味が足りなかったら塩を足しましょう。



©︎taki


9. 器に入れて、カットした三つ葉を盛り付けたら完成です!



出汁いらずで手軽にうどんを。



shutterstock.com


このレシピでは白だしで味付けをしましたが、白だしがない!という方は以下を使ってみてください。使うときには希釈する水の量は調整してくださいね。



  • めんつゆ
  • 顆粒出汁
  • 出汁パック


めんつゆを使うと白だしより甘いしょうゆ味に仕上がります。顆粒出汁や出汁パックは種類にもよりますが、うどんにするならかつおやあご出汁ベースのものがおすすめ!



ちょい足しで「親子うどん」をアレンジ!



普通の「親子うどん」では物足りない方やもっと食べ応えが欲しい方に、ちょい足しアレンジアイデアをご紹介。レシピにちょい足しするだけでガラッと味が変わります。



ちょい足し①
コチュジャン・・・チゲのような味わいの韓国風うどんに



ちょい足し②
ごま油・・・コクと香りが加わり食べ応えあり



ちょい足し③
ラー油・・・一気にピリ辛になりコクもUP



時間や空腹具合に合わせて、お好みのアレンジを試してみてくださいね。



[All recipes by taki]