そんなに食べてないはずなのに、気がつくと何個も食べていた・・・、そんなことありますよね。今回ご紹介するのは、あまりのくちどけの良さに、気が付けば何個も口に放り込んでいた、そんな食感を楽しめる、宇治抹茶をふんだんに使用した生チョコです。早速実食していきます!



上品な宇治抹茶の風味を堪能できる「伊藤久右衛門 監修 とろける宇治抹茶生チョコ」



この度セブン-イレブンから発売されたのは、京都の宇治抹茶で有名な「伊藤久右衛門」が監修した宇治抹茶生チョコ。





本場京都の宇治抹茶を使用した生チョコレート、楽しみ!





抹茶の上品な香りが漂います。



じゃじゃん!封を開けると抹茶の独特な香りが漂います!





ここのところ洋スイーツをいただくことが多いので、渋い抹茶の色合いに、なんだか心も落ち着くようです。





ひとつだけ出してみました。繊細な抹茶の粉が振りかかり、断面はしっとりツヤツヤしています。





付属のピックで指も汚れず食べやすいですね。抹茶の濃い緑がところどころに隠れています。





宇治抹茶の苦みとなめらかな生チョコを実食



全部出してみると、なかなか食べ応えもありそうな量です。





少し指に抹茶がつきますが、手でいただいちゃいます!





抹茶の苦みはそれほど強くなく、程よい風味。なめらかな生チョコレートは甘すぎず、口の中でとろけていきます。





ひとつしか食べてないつもりだったのですが・・・いつの間にか3つも食べていました!



抹茶の風味と生チョコレートのクリーミーな食感が、まったく重さを感じさせず、くちどけがよいのでパクパクと食べすすめていました。





後味も軽く、煎茶とも相性がよいのは言うまでもありません。ホッと和の風味を感じながら、お茶の時間を楽しみたい時におすすめです。



伊藤久右衛門監修 とろける宇治抹茶生チョコ
318円(税込343.44円)
消費期限:購入日含め3日
2021年11月16日(火)以降順次発売
https://www.sej.co.jp/products/a/item/111856/
販売地域:北海道、東北、関東、新潟県、山梨県、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州



※掲載商品は、店舗により取り扱いがない場合や販売地域内でも未発売の場合がございます。
※また、予想を大きく上回る売れ行きで原材料供給が追い付かない場合は、掲載中の商品であっても販売を終了している場合がございます。
※商品のお取り扱いについては、店舗にお問合せください。



[All Photos by bobo]