寒い日にほっこり温まることができるレシピをご紹介します。今回は冷凍餃子を使って豆乳鍋を作りましょう。調味料はなんと鶏ガラスープの素だけ。豆乳とラー油を加えればピリ辛クリーミーな絶品鍋に。冷凍餃子のほかに火の通りやすい野菜を使えば時短でできあがりますよ。餃子の種類は水餃子でも生餃子でもOK。夜中に小腹がすいたときにもおすすめのレシピです。小鍋でパパッと作って空腹を満たしましょう!

ピリ辛豆乳餃子鍋©︎taki


冷凍餃子で作る「ピリ辛豆乳餃子鍋」レシピ



©︎taki


材料(1人前)



©︎taki


  • 冷凍餃子・・・5〜6個
  • チンゲン菜・・・1束
  • しめじ・・・1/2個
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ1杯
  • 水・・・400cc
  • 無調整豆乳・・・200cc
  • ラー油・・・適量


※このレシピでは冷凍水餃子を使用しています。



作り方



©︎taki


1. しめじは石づきをカットします。チンゲン菜は洗って根元を落としておきます。



©︎taki


2. 小鍋に水と鶏ガラスープの素を入れます。さらにしめじ・チンゲン菜を入れましょう。



©︎taki


3. 小鍋のすき間に冷凍餃子を入れて中火にかけます。



©︎taki


4. 蓋をして中火で5分ほど煮ます。ここで具材にしっかり火を入れておきましょう。



※煮込み時間は目安です。生餃子の場合、煮込み時間は長めにしてください。



©︎taki


5. 具材に火が通ったら、豆乳を入れて弱火で5分煮ます。沸騰しないように火加減を調節して煮てください。



©︎taki


6. 仕上げにラー油をお好みの量かけたらできあがり!



失敗しないコツ



shutterstock.com


豆乳鍋は失敗しやすいので要注意! グラグラと強い火にかけてしまうと分離しやすいので、できるだけ弱火を保って煮ることが大切です。



このレシピにもあるように、先に水と鶏ガラスープの素で具材を煮て、仕上げに豆乳を入れるという順番だと作りやすいですよ。豆乳を牛乳に代えて作る場合も同じです。クリーミーでおいしい鍋を作ってみてくださいね。



レシピに書いてある材料がないときは・・・



レシピ通りの材料がないときには、以下を参考に作ってみてください。冷蔵庫にきっと代わりになる材料があるはず。



  • チンゲン菜=火の通りやすい葉物で代用(ほうれん草や小松菜)
  • しめじ=きのこ類で代用(エリンギやえのき)
  • 豆乳=牛乳で代用
  • ラー油=ごま油で代用(辛いのが苦手な方にもおすすめ)


[All recipes by taki]