忙しい日や洗いものがめんどうな日は、炊飯器レシピに頼ってみませんか? 具材を入れてボタンを押せば、あっという間にできあがります。炊飯器といえど、あなどるなかれ。メイン料理からスイーツまで、そのバリエーションの幅広さにびっくり。全11回でさまざまなレシピをご紹介します。水分量や使い方のコツをおさえれば、あなたもきっと炊飯器マスターになれるはず!? 第1回目は王道の「えびピラフ」からどうぞ。

えびピラフ

「えびピラフ」のレシピ





パラパラ感と懐かしいコンソメ味が特徴の「えびピラフ」。具材を事前に炒める必要はなく、そのまますべて炊飯器に入れるだけで作れます。冷凍むきえびを使っているので下ごしらえも簡単。炊飯器のスイッチを押せば、メインになるピラフが完成します!



材料(2~3人分)





  • 米・・・2合
  • 水・・・300cc
  • 冷凍むきえび・・・180g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • にんじん・・・1/3本
  • パセリ・・・適量
  • コンソメ顆粒・・・大さじ1と1/3杯
  • 酒・・・大さじ3杯
  • バター・・・5g
  • 塩・・・適量
  • ブラックペッパー・・・適量


※筆者は5.5合炊きの炊飯器を使用しています。



作り方





1. 冷凍むきえびは解凍しておきます。背ワタがあるものは取りのぞいておきましょう。





2. 玉ねぎとにんじんは洗って皮をむき、みじん切りにします。パセリは洗って軸を取りのぞき、細かくちぎります。





3. 米はさっと研いで水気を切っておきます。





4. 炊飯器に水・酒・コンソメ顆粒を入れてさっとかき混ぜます。





5. 下ごしらえをしたむきえび・玉ねぎ・にんじんを炊飯器に入れます。ここではかき混ぜません!





6. 炊飯器のスイッチを入れて、普通炊きで炊飯します。





7. 炊き上がったら、バター・ブラックペッパーを入れて混ぜます。味見をして塩味が足りなければここで塩を入れて調整してください。





8. お皿に盛ってパセリを散らせばできあがり!



普通の炊飯時より水は少なめに設定し、炊き上がってからバターを入れることでピラフのパラパラ感を再現。えびピラフといえばこの味!というどこか懐かしさを感じる味に仕上げました。



炊飯器調理が初めてという方も、まずはえびピラフから作ってみませんか?



[All photos and recipes by taki unless otherwise noted.]