【毎週土曜12:00配信】近年、再び注目されている鶏胸肉。アレンジ次第でさっぱり系からご飯に合う一品まで、そのレシピのバリエーションは豊富。基本のゆで鶏から鶏胸チャーシューまで、気になる一品を連載でお届けします。これを機会に鶏胸肉レシピのレパートリーを増やしてみませんか? 第4回目は、ピーナッツバターで作る「棒棒鶏」をご紹介します。鶏胸肉をしっとりゆでたら、ねりごまの代わりにピーナッツバターを使うコクうまだれをかけるだけ。さっぱりなのに食べ応えのある冷菜レシピをどうぞ。

ピーナッツバターで作る「棒棒鶏」

「棒棒鶏」のレシピ





中華定番である「棒棒鶏」。本来はゆでた鶏胸肉にすりごまやねりごまを使うピリ辛だれをかける料理ですが、このレシピでは、おうちでも作りやすいようにピーナッツバターを使っています。ふだん使うピーナッツバターでもよいですが、できるだけ砂糖が少なめなものを選んでみてください。濃厚さと辛味のあるピーナッツだれがクセになります!



鶏胸肉をしっとりゆでて、冷めてもおいしいひと品に仕上げましょう。



材料(2人分)





  • 鶏胸肉……1枚
  • きゅうり……1/2本
  • トマト……1/4個
  • ピーナッツバター……大さじ3杯
  • しょうゆ……大さじ1杯
  • 酢……大さじ1杯
  • 砂糖……大さじ1杯
  • 豆板醤……小さじ1/2杯
  • ラー油……適量
  • お湯……大さじ2杯


※ピーナッツバターはクランチのものを使用。



作り方





1. 鶏胸肉はゆでて粗熱をとり、棒状に切ります。ゆで方は下記の「鶏胸肉のゆで方」を参照。




2. トマトは洗って薄くスライスし、きゅうりは少し太めの千切りにします。





3. 調味料(ピーナッツバター・しょうゆ・酢・砂糖・豆板醤・ラー油)をボウルに入れ混ぜます。なめらかになるようにお湯を入れてさらに混ぜます。





4. 切った鶏胸肉・きゅうり・トマトをお皿に並べます。



※切った具材とピーナッツだれは冷蔵庫で冷やしておくとおいしいですよ。





5. 仕上げに3のピーナッツだれをかけたらできあがり。



しっとりゆでた鶏胸肉は、ピーナッツバターを使ったコクのあるピリ辛だれをかけて召し上がれ。クランチタイプのピーナッツバターを使うと、さらに食感がプラスされて美味! 豆板醤の量はお好みで調節してくださいね。



冷蔵庫でしっかり冷やしてから食べるとよりおいしいですよ。



[All photos and recipes by taki unless otherwise noted.]