日常に小さな幸せを運んできてくれるパン。総菜パンからデザートパンまで種類は広がり、昨今は変化球パンも増えてきましたよね。イエモネ編集部が東京のおいしいパン屋さんをご紹介する「東京のおいしいパン屋ルポ」シリーズ、今回は2022年2月2日にオープンしたばかりの「with life bakery」(ウィズライフベーカリー)さんにお邪魔してきました! 虎ノ門ヒルズの真横に位置するオシャレでシンプルなテイストのパン屋さん。取材当日もお客さんがひっきりなしに訪れていました! そんな人気のパン屋さんの人気商品を店員さんのお話とあわせて実食ルポしていきます……!


シンプルでおしゃれなパン屋さん





窓にお店の名前が入っており、外からもオシャレな雰囲気を感じます。窓の外からでも食パンがズラッと並ぶ様子が見えました。お店の前を通ったら、思わずお店の中まで覗きたくなってしまうような魅力で溢れています……。





入口もシンプルなつくり。ガラス張りのドアなのでお店の中にも入りやすい雰囲気です。18時まで営業していますが、人気商品は営業時間終了前に完売してしまうので、お目当てのものがある方は早めの来店がおすすめです! 



また完売情報は公式インスタグラムのストーリーに更新されるそう。取材時にも働く方からご近所に住む方まで来店されていて、幅広い年代の方から愛されている様子が伝わってきました。





こちらの型を使って食パン2種「kinari(キナリ)」と「jute(ジュート)」が焼きあがっていきます。一般的な食パンよりも少しスリムな特注の食型は、カットしやすいサイズ感で、厚切りトーストでも量が多すぎてしまうことはありません。



看板商品である2種類の食パン



kinari(キナリ)





発酵バター、ハチミツ、植物性クリームをバランスよく配合した優しい甘さが特徴の角食パンの「kinari」。名前の由来は、少し低めの温度でじっくりと時間をかけ「生成り色」に焼き上げたことからきているそう。とても柔らかいので自然と優しく持ち上げてしまいます。





ちぎると、パン生地のきめ細やかさが感じられます。ハチミツやクリームと聞き、甘い食パンを予想していましたが思ったより甘さ控えめで食べやすかったです。生で食べると水分たっぷりなもちもち感を楽しめ、バタートーストはバターの塩味とパンの甘みがマッチしているので、どちらも甲乙つけがたい……! 



「kinari(キナリ)」
特定原材料 小麦、乳製品 ※卵不使用
価格 864円(税込)
賞味期限 直射日光の当たらない常温の部屋で3日間


jute(ジュート)





手作業にこだわって作られた歯切れのよい山食パンです。石臼挽き小麦と麻(=jute)のように荒さを残すクラムに仕上がっています。一晩かける低温長時間発酵で実現された高加水は、食べると納得の水分たっぷりモチモチパンでした! kinariと違い、甘みは少ないので野菜を挟んでサンドイッチにするのもおすすめだそう。



左:jute 右:kinari


トーストしてバターをのせるのが一押しだというお店の方の言葉を聞き、取材帰りの足でそのままバターを購入! ここはケチらずバターをしっかりのせていきます。トーストすると外側がカリッとしました。しかし厚切りにしたので、食べると中はもっちり食感のまま。不思議だけどおいしすぎる……。生とトーストのいいとこ取りといったところでしょうか。


「jute(ジュート)」
特定原材料 小麦 
※乳製品、卵不使用(本品は小麦、乳を使用した設備で製造)
価格 918円(税込)
賞味期限 直射日光の当たらない常温の部屋で3日間


食パンの生地を使用したオリジナルサンド



あんバターサンド





1番人気のあんバターサンド。こちらはあんこの甘みが際立つように甘みの少ない「jute」の生地を使っています。かなり人気なので、お買い求めの方は開店後早めのお時間に行くのをおすすめします。


「あんバターサンド」
価格 324円(税込)


ディル香る卵サンド



「kinari」と「jute」に合った具材で提案している日替わりのサンドイッチ。取材に訪れた日は、kinariで作られた「ディル香る卵サンド」とjuteで作られた「ハニーマスタードマヨのハムレタスサンド」でした。今回は人気だという、卵サンドを実食です。





卵がたっぷり入っています! 卵を口いっぱいに頬張るとディルの香りも広がりました。kinariの甘さが卵と合っており、あまじょっぱさが最高です。サイズ感は小さめに感じますが、想像以上に満足感を得ることができました。マスタードのお味がきいているのもポイントです。


「ディル香る卵サンド」
価格 270円(税込)


朝食代わりにも合う人気の焼き菓子



全粒粉スコーン





カリカリとした食感が特徴的な「全粒粉スコーン」です。1〜2分のリベイクがおすすめとのこと! 豆乳で作っているこちらのスコーンは朝食にピッタリ。甘さが控えめなのでダイエット中の方も食べやすい商品です。青山のファーマーズマーケットでは、フレーバー違いの「レモンスコーン」と「ジャスミンとホワイトチョコのスコーン」も販売されているようなのでチェックしてみてくださいね。


「全粒粉スコーン」
価格 270円(税込)


オートミールとナッツのクッキー





くるみ、アーモンドがゴロゴロと入っており、とても香ばしい味わい! 噛み応えがしっかりしているので、朝食や小腹が空いたときに欲しい一品です。上にかかった白いソースはメープルシロップとお砂糖が混ざったもので、ナッツの香ばしさを引き出しています。


「オートミールとナッツのクッキー」
価格 194円(税込)


キャロットケーキ





お店定番メニューのキャロットケーキ。甘さ控えめでスパイス感の強いお味なので、甘いのが苦手な方も食べやすいはず……! シナモンとクローブのスパイシーな味わいも口の中に広がりました。





くるみとレーズンがゴロッと入っており、さらに2種類の切り方(すりおろしと刻み)のニンジンによって食感をとにかく楽しめます。ザクザクとしたかと思ったら、サクサク食感がきたり。不思議な感覚ですがもっと食べたくなってしまいます。


「キャロットケーキ」
価格 486円(税込)


笑顔が素敵な店員さん





今回快く取材に応じていただいたスタッフさん。パンや焼き菓子のこだわりやおいしい食べ方をキラキラとした笑顔でお話してくれました! パンと焼き菓子に愛情を注ぐ「 with life BAKERY 」さんが作る、こだわりの食パンや日替わりのサンドイッチ・焼き菓子は朝の楽しみを増やしてくれること間違いなしです。



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。




with life BAKERY
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-11−11  
050-1748-2777
営業時間 8:00〜18:00
     ※なくなり次第閉店することもございます
定休日 毎週日曜日
公式サイト https://withlifebakery.jp/
インスタグラム https://www.instagram.com/withlife_bakery/



[All Photos by ミモル]