人生や生活、考え方が変わった小説に出会ったことがありますか? 「ものがたり珈琲」は、大切な人とつながり直す体験や、大切にしたい時間を見直すきっかけを読者に届けることを目的としています。想いに共感した24人の作家さんが書いた小説を、世界No.1バリスタの粕谷さんが監修するコーヒーとともに楽しむことができるなんて贅沢すぎる。毎月変わる小説とお味は、日々の生活を少しだけ変えてくれるかもしれませんね。


ものがたり珈琲って?





コーヒーは単なる眠気覚ましと思っていませんか? しかしそれ以上の価値、例えばコーヒーのおかげでちょっと自分の時間を大切にできたり……なんて経験がある方も多いのでは。ものがたり珈琲は、【日常にある大切なシーンをより演出してくれる引き立て役のような存在】の価値を置く小説とコーヒーの宅配便サービスです。「一杯のコーヒーがあなたの日常に物語を描く」というコンセプトに則り、ワクワクしたおうち時間を届けてくれますよ。





毎月テーマに合わせてブレンドしたコーヒーは、世界No.1バリスタの粕谷哲さんが監修しています。さらに焙煎は静岡県の専門ロースターITOKU COFFEEのもと直火焙煎で仕上げているんだとか。本は全作書き下ろしとのことで、コーヒー好きにも本好きにもたまらないサービスですね! 


【定期便】スタンダードプラン
内容 ・短編小説 2種類(紙、電子書籍、朗読音源)
   ・コーヒー 2種類(豆 / 粉 / ドリップパックから選択)
価格 1980円+配送料275円(税込)


ポストに到着!





イラストが可愛すぎる! そのまま取っておきたくなるスタイリッシュな箱に入って届きました。





中に入っていたは2つの「ものがたり」。1つ1つのデザインがすべて少しずつ異なっていて可愛い……。ずっと見ていたくなります。





そのほかにもステッカーやポストカードが入っていました。スタイリッシュなデザインのステッカーはパソコンに貼ったりスマホケースに挟んだりと、色々な使い方ができそうです。





5月のテーマは「ご縁と感謝」。新生活も落ち着き始め、ゴールデンウィークなどの長期休暇で家族や友人と会う機会も多くなる時期ですよね。そんなご縁を改めて感謝するきっかけになりそう。



コーヒーを淹れていきます……!





本とコーヒーがセットになって袋に入っています。コーヒーは、豆・粉・ドリップパックがあり、自分のライフスタイルに合わせて選択することができますよ。筆者は簡単に淹れることができるドリップパックにしました! 





やや横長のフィルターなので口が広いコップを選んだほうがいいかも? 





沸かしたお湯を入れるとコーヒーの香りが部屋中に広がります。焙煎したてのお豆を届けてくれるので、その分香りが広がるんでしょうか。この香りがコーヒーを淹れる幸せの1つだったりしますよね。早く飲みたい気持ちを抑え、十分に蒸らして丁寧に淹れていきます。



コーヒーとともに本をオープン





【ありがとうの気持ちと共に】は、我慢を重ね一生懸命に生きていた主人公が久しぶりに母と向き合うことで【たいせつな何か】を見つける物語。コーヒーの苦みよりも優しい甘みは、物語のやさしさをさらに感じさせてくれます。さらにスッキリとした飲みごたえが、前を向かせてくれているよう。大切な人に【ありがとう】を伝えたくなりました。



毎月変わるテーマが楽しみ♪





6月のテーマは「雨と虹」です。この季節は、雨の日が多くおうちにこもりがちですが、「無我夢中で走っていた自分へのご褒美時間」というホームページの言葉にグッときてしまいました。「ものがたり珈琲」があれば、四季の移り変わりによって変わる心境や環境の変化を大切にできる気がします。


ものがたり珈琲
公式サイト https://monogatari-coffee.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/monogatari_coffee/
Twitter https://twitter.com/cafe_monogatari


[All Photos by ものがたり珈琲&ミモル]