【毎週土曜12:00配信】近年、再び注目されている鶏胸肉。アレンジ次第でさっぱり系からご飯に合う一品まで、そのレシピのバリエーションは豊富。基本のゆで鶏から鶏胸チャーシューまで、気になる一品を連載でお届けします。これを機会に鶏胸肉レシピのレパートリーを増やしてみませんか? 第5回目は、サクサクでジューシーな「とり天」をご紹介します。炭酸水を使って衣はサクっと、味付けはめんつゆで簡単に仕上げましょう。食べ応えがある上に、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにぴったりの一品です!

とり天

「とり天」のレシピ





とり天は鶏肉を天ぷら風に揚げる、大分の郷土料理。いろいろな衣のレシピがありますが、このレシピは油が汚れないように卵を使わず、簡単にサクサクにするために炭酸水を使っています。



軽い食感の衣とジューシーな鶏胸肉の相性はバッチリ。揚げたてはもちろん、冷めてもおいしい一品です。



材料(2人分)





  • 鶏胸肉……1枚(約300〜400g)
  • めんつゆ(3倍濃縮)……大さじ1杯
  • にんにく(すりおろし)……小さじ1/2杯
  • しょうが(すりおろし)……小さじ1/2杯
  • 薄力粉……大さじ4杯
  • 片栗粉……大さじ3杯
  • 炭酸水……90cc
  • 塩……適量
  • サラダ油……適量


※にんにく・しょうがはチューブでも可。



作り方





1. 鶏胸肉は皮と余分な脂肪を取り、一口大のそぎ切りにします。





2. 切った鶏胸肉を保存袋に入れ、めんつゆ・にんにく・しょうがを入れてよく揉み込み、10分ほど置いて味をなじませます。





3. 揚げる直前に薄力粉・片栗粉・炭酸水を菜箸やホイッパーでさっくり混ぜます。





4. 鍋に鶏胸肉が浸かるくらいの高さまでサラダ油を入れて熱します。鶏胸肉にさっと衣をつけ、180℃の油で4分ほど揚げます。





5. きつね色になったらバットに揚げて油を切ります。



※中心温度や大きいものをカットして、必ず火の通りを確認してください。





6. 熱いうちに塩をふったらできあがり。



衣をつけて油で揚げれば、鶏胸肉の食べ応えUP。おうちに天ぷら粉がなくても、薄力粉・片栗粉・炭酸水を使えば簡単にサクッと仕上がります。めんつゆでしっかり下味をつけているので、冷めても十分楽しめるおかず。



お弁当に使える鶏胸肉レシピをお探しなら、「とり天」をぜひ!



[All photos and recipes by taki unless otherwise noted.]