最近SNSで話題となっている「麻薬卵」。刻んだ材料に茹でた半熟卵を漬けるだけでできる韓国発の味付け卵が今、麻薬のように中毒性があっておいしい!と評判なのです。ということで、注目の麻薬卵を実際に作ってみました。果たしてどんな味なのか、アレンジレシピと合わせて詳しくレポートしていきます!


「麻薬卵」って?




https://youtu.be/y0hYPF7dETA


麻薬卵は、もともと韓国で流行ったとされる味付き卵。TikTokをきっかけに多くのSNSで拡散され、最近ではヒカキンさんをはじめとする人気YouTuberが紹介したことでも話題となっています。作り方は簡単なのにおいしくて中毒性があることから、「麻薬」と名が付いたのだとか。



「麻薬卵」の作り方





今回はSNSのレシピを参考にしつつ、ちょっぴりアレンジを加えて麻薬卵を作ってみることに。材料はこちら!



  • 卵 4個
  • 長ネギ 1/4本
  • タマネギ 1/4個
  • らっきょう 7〜10個
  • 唐辛子 1本
  • ニンニクチューブ 小さじ1
  • 白ごま 大さじ1
  • 砂糖 大さじ3
  • 醤油 100ml
  • 水 100ml


鍋にお湯を沸かして卵を茹でる





まずは鍋にお湯を沸かし、沸騰したら卵を4個投入。割れないようにおたまや網などでそっと入れてくださいね。茹で時間はきっかり6分!



茹で上がったら殻を剥きます。殻にヒビを入れて流水に当てながら剥くときれいに剥けますよ。



黄身が半熟になっているので、触感はプニプニとやわらかめ。潰さないように気をつけてくださいね。



野菜をみじん切りに





長ネギ、タマネギ、らっきょうをみじん切りにします。





今回はハンディチョッパーを使いました。いっぺんに入れてみじん切りできるので便利です。



卵を茹でている間に切っておくと時間を無駄なく使えますが、茹で時間を忘れてしまわないよう注意!



たれを作る





卵以外のすべての材料(長ネギ・タマネギ・らっきょう・赤唐辛子・ニンニクチューブ・白ごま・砂糖・醤油・水)を容器に入れて混ぜます。唐辛子は手でちぎって入れました。



容器は卵が上の方まで浸かるよう、卵がギリギリ入る大きさで深さのあるものがおすすめ。



卵を浸ける





たれが完成したら卵を投入!





卵の表面がほんの少したれから出てしまうので、上にネギをのせてみました。



ただひたすら待つ





あとはラップなどでフタをして、しっかり浸かるまで冷蔵庫に入れて待つのみ。一晩漬けるレシピが多いようですが、今回は6時間でチャレンジしてみます。



卵の表面が出ていたのでときどき回転させ、まんべんなく浸かるようにしました。



できあがり!





冷蔵庫から出した卵はおいしそうな色。これでできあがり〜!



おいしくできたかな?





たれは砂糖をかなり入れましたが、そこまで甘くなく、シャキシャキしたネギとピリッとした唐辛子がおいしい! らっきょうも甘酸っぱくていいアクセントになっています。



ご飯のお供に





できあがった麻薬卵はご飯にドン。たれをたっぷりかけて、ごま油を少しだけ垂らしていただきます!



中からはとろりとした黄身が流れ出てきました。半熟好きにこの黄身はたまりません。





シャキシャキネギやらっきょうと、醤油のたれが絡んだトロトロ卵。おいしくないわけがありませんよね。無限にご飯が食べられそうな中毒性。うどんや冷奴にのせてもおいしそう!



【アレンジレシピ1】たれを使って肉を焼いてみた





たれが結構多めだったので、これを調味料にして牛肉の切り落としをごま油で炒めてみました。





ご飯にぴったりの味付けで、こちらもめちゃくちゃ美味。卵が絡んでさらにおいしさが増します!



【アレンジレシピ2】韓国ラーメンにトッピング





また、人気の韓国ラーメンのトッピングとしても大活躍! 今回は「オモリキムチチゲラーメン」にのせてみました。旨辛な味わいが魅力の韓国ラーメンに麻薬卵をのせることで、辛さがほんのりマイルドに。残ったスープにお豆腐を入れたら、そのまま豆腐チゲとしても楽しめそうですよね。



簡単にできて中毒性のある麻薬卵。卵好きなら一度試してみる価値ありですよ!




https://iemone.jp/article/gourmet/komori_306007/