アイスにケーキ、お菓子ならなんでもそろうシャトレーゼ。いつ行ってもおいしそうなスイーツが勢揃いしています。たくさんの商品が並ぶ中から、掘り出し物を探すのも醍醐味ですよね。今回は北海道バターを使った「焦がしバターのメロンパン」。シャトレーゼのメロンパンとは一体どんな味なのか? おすすめの食べ方も試してみましたよ〜!


お菓子屋さんのメロンパン





シャトレーゼで今回購入したのはメロンパン。袋に入って、パンコーナーで売っていました。シャトレーゼにパンが売っていることにも少しびっくり。こちらは『お菓子屋さんのメロンパン』をコンセプトとしているのだそうです。





「お菓子屋さんのパン」の文字が書かれているイラストは、どことなくシャトレーゼの店先に似ています。



こんがり焼き色とお砂糖がおいしそう



ナマケモノ編集長「バターのいい香り〜」


袋を開けた途端、焦がしバターの香りが漂います。バターは、北海道バターを使っているそう。香りにつられて、イエモネのナマケモノ編集長もやってきました。ドーム型のパンは、一般的なメロンパンより、こんがりした焼き色です。 



ナマケモノ編集長「お砂糖がおいしそう〜」


表面には、お砂糖のかたまりがついていておいしそう〜!



バターたっぷり!しっとりメロンパン





断面は見るからにフカフカです。





クッキー生地も中のパンもしっとり。バターのコクがしっかり感じられます。お砂糖のじゃりじゃりした食感と甘さがアクセント! バターの余韻がしばらく口の中に残ります。しっかりと食べ応えがあるので、1個で十分満足です。バターたっぷりのためか、ちょっと手がベタベタになるので気をつけてくださいね。



一手間かけてさらにおいしく!





パッケージの裏側に、さらにおいしく食べられる温め方が書かれていました。これは早速試さねば!





まずは1000Wのオーブントースターを予熱。その間に、袋から出したメロンパンを500Wのレンジで30秒ほど加熱。





温めたメロンパンにアルミホイルをかぶせ、オーブントースターで2〜3分加熱します。





表面がサクッとするまで1〜2分冷ましてできあがり! 機種などによって時間も変わってくるので、調整しながら試してみてくださいね。



ナマケモノ編集長「アツアツだね〜」


温かいメロンパンからは香ばしい香りがします。





まるで焼きたてみたいなメロンパン。クッキー生地は、しっとりからサックリ食感に変わりました。レンジで温めたので中のパンも温かく、さっきよりもしっとり〜! フワッと口の中に広がるバターの風味が、幸せな気持ちにさせてくれます。筆者は温めたメロンパンの方が好みでした。





ひと手間かけることで、よりおいしくなるメロンパン。バター好きの人は、シャトレーゼへ行ったらぜひチェックしてみてくださいね!



焦がしバターのメロンパン
本体価格 130円 (税込 140円)
賞味期限 筆者が購入したときは購入日を含め3日でした 
https://www.chateraise.co.jp/products/detail?id=1000999&category_id=184



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。



[All photos by Mayumi.W]