業務スーパーの冷凍コーナーには、意外なお宝商品がたくさんあります!行くたびにワクワクしながら物色しているのですが、そんな中から今回は、冷凍の和生菓子「みたらしもっちっこ」を実食ルポで紹介。みたらし団子を冷凍した商品なのですが、買って大正解でした! 味といい、調理の簡単さといい、大満足のリピ確定商品です。

©Tsukino_Peperoncino

業務スーパー「みたらしもっちこ」は1kgの大容量でコスパ高!



©Tsukino_Peperoncino


業務スーパーの冷凍食品「みたらしもちっこ」は、1kgのビッグサイズで332円(税込)というコスパのよさが魅力の和菓子。「食べても、食べてもなくならない……」そんな錯覚に陥るほど、大量にもちっこが入っています。



食べ方は簡単!食べたい分を2時間ほど自然解凍するだけ



©Tsukino_Peperoncino


「みたらしもちっこ」は、食べ方が簡単なのもうれしいポイント。食べる分だけお皿にならべて、そのまま自然解凍すればOKです。



©Tsukino_Peperoncino


室温20℃の状態で2時間ほど放置しておけば上手に解凍できます。



とろ〜り「みたらしのタレ」がそそられる!



2時間ほど経過したので、「みたらしもっちこ」の状態をチェック。指で軽く押してみると、ぷにぷにとした弾力が気持ちいいです。



©Tsukino_Peperoncino


ナイフで切ってみると、もちっこの中から、とろ〜りとしたみたらしのタレが出てきました。見た目だけでもかなりそそられます。



みたらしのタレは割としょっぱめで、インパクトのある味。見た目は白くて丸くて可愛いのに、味は意外とガツン系です。



©Tsukino_Peperoncino


最大の特徴はなんといってもこの「食感」。もちもち、ねっちりとしていて、上あごにくっつく感じ。やわらかくてもちもちとしているので、食べていて心地よさを感じます。「癒される食感」という表現がぴったりですね。



通常のみたらし団子は餅のまわりにタレがついていますが、みたらしもっちこは中にタレが入っているのが不思議な感覚。新感覚のみたらし団子でした。



アレンジしても◎!業スーおすすめのアレンジレシピをチェック



©Tsukino_Peperoncino


「みたらしもっちこ」の袋には、アレンジレシピ「みたらしアイス」の作り方が書かれていました。器にバニラアイスクリームとあんこを盛りつけ、その上に解凍したみたらしもっちこを4個トッピング。最後にキャラメルソースとローストしたクルミを散らして完成です。



バニラアイスとみたらしのタレが絶妙マッチング



©Tsukino_Peperoncino


上記のアレンジもおいしそうですが、もっとシンプルなアレンジで挑戦。バニラアイスクリームと、解凍したみたらしもっちこ器に盛りつけ、最後にきな粉を振りかけたらできあがり。



みたらしもっちことアイスクリームを一緒に食べてみると、これが何ともいえない絶妙なバランスを生みだしてくれます。中から出てくるみたらしのタレのしょっぱさと、バニラアイスクリームの濃厚な甘みがカチっとハマる感じ。やみつきになる最高のハーモニーです。



アイスクリームの味によっても味わいが変わると思いますが、濃厚なアイスクリームの方がおすすめです。



この食べ方だと食後のデザートには重すぎるので、3時のおやつや小腹が空いたときの腹ごしらえにぴったり。みたらしもっちこ2〜3個とアイスクリーム2スプーンくらいで十分満足できますよ。



商品名:みたらしもっちこ
税込価格:332円
容量:1kg
賞味期限:筆者購入時は、購入から1年2カ月
https://www.gyomusuper.jp/item/detail.php?go_id=4547