【2022年7月13日更新】2022年春頃から再びブームとなりつつある、フランスの伝統的なお菓子「カヌレ」。エシレをはじめとするお菓子屋さんから町のパン屋さん、さらにはコンビニ・スーパーまで、さまざまな場所でカヌレが販売されていますよね。「名前は聞いたことがあるけれど、カヌレって何?」「どこのカヌレがおいしいの?」など、気になっている人も少なくないはず。話題のカヌレとは一体どんなスイーツなのか、東京で購入・お取り寄せできる店舗と一緒に紹介します。


カヌレとは?





カヌレは、フランス・ボルドーで誕生したとされる焼き菓子。型にはめて焼き上げることでできる凸凹の溝が特徴で、ラム酒香る大人な味わいと、外側はカリッと、中はもっちりとした独特な食感が楽しめます。



日本では90年代後半に流行し、2022年となった今、人気が再燃。お菓子屋さんやパン屋さんだけでなくコンビニやスーパーでも販売されるようになり、SNSで見かける機会も増えましたよね。



カヌレについてわかったところで、ここからはカヌレが購入できるおすすめ店舗を紹介します。イエモネライターの実食レポート付きの商品もあるので、おいしいカヌレを探している人は要チェックですよ!



ベーカリー/カフェのカヌレ



【2時間待ちが当たり前】アマムダコタン表参道店



「カヌレ」302円(税込)


開店10分前にはなんと50人が並ぶほどの長蛇の列ができるアマムダコタン表参道店。160種類以上のパンがラインナップされるなかでも、カヌレは高い人気を誇っているそうです。表面はしっとり、底部分はカリカリ。カリカリカヌレ派の人もきっと大満足できるはず!


【花がテーマの美しいカヌレ5種】ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ



「オリジナルカヌレ」各500円(税込)※テイクアウト時


ザ・リッツ・カールトン東京1階の「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」にて、2022年4月20日〜9月30日(金)の期間限定で販売されている『オリジナル カヌレ』。ローズやオレンジ、 ジャスミンなど、「花」をテーマにした5種類のフレーバーが展開され、ほかでは味わえない華やかなおいしさが楽しめますよ。


専門店/フードショップのカヌレ



【1日160個限定の入手困難カヌレ】エシレ・パティスリー オ ブール



「カヌレ・エシレ」486円(税込)※一人4個まで


渋谷スクランブルスクエアの「エシレ・パティスリー オ ブール」では、ここでしか買えない店舗限定のカヌレが販売されています。1日に160個しか販売されていないとあって、行列・売り切れは当たり前。エシレバターのジューシーな味わいが楽しめる至高のカヌレは、一度は食べて見る価値あり。


【新感覚"半熟カヌレ"】boB<ボブ>



半分にカット「焼きたて半熟カヌレ」350円(税込)


「boB」で味わえるのは「半熟」カヌレ。従来のカヌレとは一風異なった進化版です。銀座イタリアンレストラン「AURUM+truffle(オーラムプラストリュフ)」で誕生し、半熟感を出すために時間と手間暇をかけながら、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。新感覚の味わいをどうぞ。


【1個が大きい!】カルディ



「セリ・エキスキーズ カヌレ」180円(税込)


カルディのカヌレは大きくて、冷凍品として売られています。自然解凍、電子レンジ、トースターと3つの方法で全く異なるおいしさが楽しめるのがうれしいところ!


【ワインに合うカヌレ】Dans la Poche<ダンラポッシュ>



「詰め合わせ 全種類制覇セット(4つ入り)」1,200円(税込) 


カヌレ専門店 Dans la Poche (ダンラポッシュ)のカヌレは、ネットで販売されると毎回完売! 入手困難なお取り寄せスイーツとして話題となっています。土日祝日オープンの実店舗では焼きたてカヌレも販売されており、こちらも開店前に並ぶ人だけで売り切れてしまうほどの人気ぶり。一体どれほどおいしいの!?


【珍しいグルテンフリーカヌレも】カヌレとアイス 吉祥寺店



「グルテンフリー抹茶」380円(税込)


吉祥寺の駅前に立つ「カヌレとアイス」。こちらでは通常のカヌレに加えてグルテンフリーフレーバーもラインナップされています。カヌレ好きライターが実食しても、ほかのフレーバーとの違いが分からないほど。


【ここでしか味わえない「焼き立て半熟カヌレ」】boBグランスタ東京店



「プレーンの半熟カヌレ」330円(税込)ほか
[PR TIMES]


2022年4月21日に『半熟カヌレ専門店boB』の第二号店として東京駅構内グランスタ東京内にオープンした「boBグランスタ東京店」。同店では、boB原宿本店では取り扱いのない限定商品「焼き立て半熟カヌレ」が数量限定で販売されています。「焼きたて」で「半熟」なカヌレ、気になる……!


【バラ香る!上品で華やか】アニヴェルセルカフェ 表参道



「アニヴェルセルカフェ 表参道」で現在テイクアウト限定で販売されているのが、「カヌレ・ド・ボルドー」。


「カヌレ・ド・ボルドー」は、9万個のバラの花からわずか1g(!)しか採取できないという、ブルガリア地方に咲くダマスクローズの蜜100%で採ったハチミツを使用したリッチな一品。バラのなかでもとくに香り高いダマスクローズから採れたハチミツは、カヌレとの相性が抜群。上品なバラの風味を感じ、外はカリッと香ばしく、中はモチッとした仕上がりで、ほどよい弾力感がクセになりますよ。


カヌレ・ド・ボルドー
価格:3個入り 1,134円(税込)
※数量限定、テイクアウト限定
https://cafe.anniversaire.co.jp/omotesando/



スーパー/コンビニのカヌレ



【進化系カヌレが話題に】ファミリーマート



「生カヌレケーキ」158円(税込)


カヌレに生クリーム入りのホイップが詰まったドーナツ型の進化系カヌレ「生カヌレケーキ」。ラム酒が香る本格的な味わいに、ミルキーなホイップが絶妙にマッチしています。


【コンビニクオリティを超える仕上がり】ナチュラルローソン



「カヌレ」160円(税込)


コンビニとは思えない本格的な仕上がりが人気のナチュラルローソンのカヌレ。160円(税込)にしては大きめのサイズ感で、ずっしりとした重量感があります。ラム酒の香り強めな"大人のカヌレ"に仕上げられているので、ラム酒好きや甘いものが苦手な人にぴったり。



【カスタードクリームが癖になる】ローソンストア100



「カヌレ(カスタードクリーム入り)」129円(税込)


ローソンストア100のカヌレは、中にカスタードクリームが入っている変化球タイプ。サイズは少々小ぶりで、生地の3分の1がカスタードクリームで埋め尽くされています。デザートというよりは少し菓子パンに近いかも。


【本場の味を手軽に】ピカール



「ミニカヌレ(9個入り)」1,059円(税込)


カヌレ発祥の地・フランス発のピカールには、解凍するだけで簡単に食べられるミニカヌレが販売中。温かくても冷たくてもおいしいミニカヌレは、おうちカフェに重宝するはず。


通販OKのカヌレ



【一瞬で完売した幻の「富士山カヌレ」】Atirom TOKYO



「富士山カヌレ(5個入り)」2,592円(税込)


世界最速でミシュラン一つ星を獲得したレストラン「TIRPSE(ティルプス)」でかつて爆発的人気を誇り、一時は入手不可能にまでなったとんでもないカヌレ「富士山カヌレ」。最高峰のおいしさの秘密とは……?


【1カ月1万個以上売り上げた「生カヌレ」最新作も】Atelier Kato



「クリーム生カヌレ(5個入り)」 3,500円(税込) ※送料込
[PR TIMES]


販売開始から1カ月で11,000個(2021年8月の販売実績)売れた「生カヌレ」。その待望の最新作として、従来の2.4倍サイズで焼き上げ、特製のカスタード生クリームがたっぷり入った「クリーム生カヌレ」が登場しました。カヌレの常識を覆すその味とは!?


おまけ



【持ち歩けるカヌレ】カヌレット



「カヌレット」149円(税込)※参考価格
[PR TIMES]


洋菓子のカヌレをもっと気軽に楽しめるようひとくちサイズにした「カヌレット」。外はサクッと、中はもっち〜りといったカヌレ特有の食感が再現され、さらに長期保存も可能に。カヌレ好きは携帯必須!


【カヌレ型アイス】TOO POP ICE



TOO POP ICE 「クリームシャピトー」1箱 4,980円(税込)※送料込
[PR TIMES]


カヌレのかたちをした、まるでケーキな「TOO POP ICE」。今年は2つのラインナップが同時発売! フルーツのおいしさいっぱいの「フルーツシャピトー」と、香り豊かで濃厚な味わいの「クリームシャピトー」。家族やお友達とも一緒に楽しめるので、お土産にもおすすめですよ。


2022年再ブレイク間違いなしのカヌレ、まだまだ目が離せません!



[All photos by Chika、moi、mayumi_w、mimoru、ひつじ]