高円寺駅北口から徒歩2分。大通りを少し入ると見える真っ赤な色のお店が、今回紹介する「LittlePrincess.TOKYO」です。本店は青森県にあり、青森りんごを使った食パンが大人気。高円寺のイメージから攻めたパンを勝手に想像していましたが、そこには誰からも愛されるおいしくて優しいパンが並んでいました。では、おじゃまします。


りんごみたいな真っ赤なお店「LittlePrincess.TOKYO」



こだわり抜いて決めた店舗の赤色は、上品で気品があります。


高円寺駅北口からわずか2分ほどの場所に位置する「LittlePrincess.TOKYO<リトル プリンセス トーキョー>」 。大通りから少し入った住宅街の中でひときわ目立つ、赤い色のパン屋さんです。





店内にはりんごをモチーフにしたデザインがあしらわれています。女の子がりんごを収穫している様子が可愛い。





レジのそばにも大きなりんごの木。





リトルプリンセスの看板商品「ずっしり贅沢りんご食パン」は、高円寺店ではひとまわり小さいキューブ型の「りんご食パン キューブ」として販売されています。赤い箱も可愛らしいですね。



りんご食パンやりんごを使用したパンには青森りんごを使用



りんごのボストック:580円(税込)


同店の"りんご"と名が付く商品には、すべて青森県産のりんごやりんごジュースが使用されています。



焼きりんごカレーパン:350円(税込)


カレーといえば、やっぱりりんごとはちみつ......!? 焼きりんごというのが気になりますね。



100%りんご果汁ジュース:330円(税込)


“ずっしり贅沢りんご食パン”に使われている青森りんご100%のジュースも販売。無添加・無濾過・除草剤不使用だそうですよ。



青森リンゴ甘食:220円(税込)


催事などでは必ず店頭に並ぶ「青森リンゴ甘食」。りんごの果肉とりんご果汁が入った甘食です。



実際に食べてみると、生地が甘くてとてもおいしい。シャキシャキした食感のりんごも入っていました。素朴ながら、華やかな洋菓子のような味わいで、年代問わず親しみやすいおいしさですね。



明るい店内には豊富な種類のパンが並ぶ





店内のパンは、冷蔵コーナー以外はすべてスタッフさんに注文して取ってもらいます。





ショーケースの中には、豊富な種類のパンがスタンバイ。





人気のフランスパン系の商品も多数ラインナップされています。





冷蔵コーナーには、冷やして食べるスイーツ系のパンもずらり。「青森リンゴ甘食」も、夏は冷やして食べてもいいかもしれませんね。



リトルプリンセスで人気のパン5種は?



ここからは、そんなリトルプリンセスで人気のパンを5種紹介します。



ハニーバターフランス:300円(税込)



ハニーバターフランス:300円(税込)


特に女性に人気の「ハニーバターフランス」は、たっぷりのバターとはちみつをサンド。





きれいな焼き色をした皮は、見ただけでパリパリしているのがわかりますね。





そのままでもおいしいですが、トースターで少し温め直すと焼きたてのパリパリ食感が再現されてGOOD。ジュワ〜っと染み出すバターのコクとほんのり甘いハチミツとの相性が抜群です。優しい甘さでだれもが好きになる味わい。



たっぷりチーズフランス:ハーフ270円(税込)





濃い黄色のチーズになんとも食欲がそそられる「たっぷりチーズフランス」。焼きたてのチーズのジューシーさを見て、思わず手に取る人も多いのだとか。わかる気がします。





ちぎってみると、中から白いチーズが出てきました。商品名の通り、数種類のチーズがたっぷりと入っていましたよ。



ひと口食べてみると、チーズの味が濃い! 贅沢なピザを思わせるような味わいですね。食べるときはぜひ温めてみてください。



クリームチーズクランベリー:420円(税込)



左:クリームチーズクランベリー :420円(税込)/ 右:クランベリーノア:390円(税込)


何度も試作を重ねて完成したという、店長さんこだわりの「クリームチーズクランベリー」。完成後も改良し続けていて、日々味は進化しているそうですよ。





中にはたっぷりのクリームチーズとドライクランベリー。まろやかなクリームチーズと甘酸っぱいクランベリー、そして香ばしいパンが口の中でひとつになった味わいは、なんとも絶妙です。



フルーツラスク:280円(税込)


また、「クランベリーノア」「フルーツライ」のパンを元にしたラスクも販売されています。生地は小麦粉にライ麦粉をあわせてレーズンやクランベリー、パパイヤ、パイナップルなどのドライフルーツとクルミを使っているのだとか。





みずみずしいドライフルーツを使っているため、焼き上げてもフルーツの味が濃いままなのだそう。ドライフルーツとクルミがたっぷり入った、贅沢な大人の味のラスクです。



シナモンロール<Holiday>:330円(税込)





りんご感が感じられるシナモンロールのネーミングは「Holiday」。“休日の朝はちょっぴり贅沢にあまーいひとときを”というメッセージが込められていました。





見ただけではわかりませんが、表面の砂糖にはりんご果汁が入っているそう。りんごの爽やかな甘酸っぱさを感じる、夏の暑い日でも食べられるシナモンロールですね。





中にはシナモンがたっぷり。「Holiday」と名付けられたことに至極納得しました。しっとりした生地は甘く、中に入っているりんごやりんご果汁入りの砂糖は爽やか。休日に好きな飲み物とあわせてゆっくりと楽しみたい一品です。



塩バターパン:220円(税込)



塩バターパン:1本220円(税込)


貴重なカルピス(株)のバターを練り込み、青森県海峡の塩を使って焼き上げられた塩バターパン。青森のお店や催事のときにも人気の商品なのだそう。



約30cmもある長〜い塩バターパン


上質なバターの風味と旨みを感じる海塩を使った塩バターパンは、あっさりと上品な味わい。パクパクといくらでも食べられます。1本じゃ足りないかも……。



看板商品「りんご食パン キューブ」は至福のデザートパン





「りんご食パン キューブ」は、青森の店舗で販売されている1.5斤の「ずっしり贅沢りんご食パン」を、リーズナブルな価格で食べきりやすい、おひとり様サイズにしたものです。



ちなみに、「ずっしり贅沢りんご食パン」は2020年にベストお取り寄せ大賞のパン部門で金賞を受賞しており、現在も通販サイトは完売状態。超人気商品を手軽に食べられるのは東京ではココだけです。





りんご食パンは、水の代わりに青森県産のりんご果汁100%のジュースで仕込まれているのだとか。だからパンの白い部分やミミまでりんごの味がするんだ〜。





中にはおすすめの食べ方や保存方法が書かれた紙が入っています。少し焦げ目のように見えるのは、りんごの部分かな?





半分にカットしてみると、うわ〜! りんごがたっぷり〜。





3〜4枚に切り分けて、いろんなアレンジを楽しんでみてください。1度に食べきれない場合は冷凍保存がおすすめ。





店長さんおすすめの食べ方はトーストしてバター。これ、間違いないです。ものすごくおいしい! パンはとてもやわらかく、口に入れるとバターと一緒にスッと消えてしまうほど。飲めるぐらいの勢いです。柔らかすぎて持ち上げられない。こんなパン見たことない!





りんご食パンは夏でもおいしく、半解凍で食べるとデザート感覚が楽しめるそうですよ。店頭では冷凍のまま購入することもOK。





筆者はどうしてもこれがやりたかった。トーストしたりんご食パンに冷たいバニラアイスを添えてみました。



もう〜、これは至福の味! おうちでこんな贅沢なデザートが食べられるなんて感動ものです。りんご食パンを購入した際は、絶対にやってみてください!!



「りんご食パンキューブ」
価格:1,300円(税込)
消費期限:当日含めて3日以内
※ 「LittlePrincess.TOKYO」のパンは保存料を不使用のため消費期限はすべて基本的に当日中を推奨。



青森りんごを楽しめる優しいパン屋さん 「LittlePrincess.TOKYO」





高円寺という地域性からなんとなく“攻めたパン屋さん”を勝手に想像していましたが、「LittlePrincess.TOKYO」は、食べる人のことを1番に考えて日々パン作りをしている優しいパン屋さんでした。



青森のりんごを使った大人気の「りんご食パン」を、ひとりでも食べきりやすい「キューブ」サイズで購入できるのは、東京ではココだけ! 高円寺の近くに立ち寄ったときは、ぜひ足を運んでみてくださいね〜。



「LittlePrincess.TOKYO」
〒166-0002東京都杉並区高円寺北2丁目10番5号1階
※営業時間やお休みはSNS等でご案内します。インスタグラムで検索をお願いします。
※お問い合わせは会社概要の問合せ欄からお願いします。
https://www.instagram.com/littleprincess.tokyo/



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。



[All Photos by Mari.M]