"可愛すぎる和アイス"として話題沸騰中の「抹茶パフェアイスバー」、皆さんはご存知ですか? 京都・宇治に本店をかまえる「伊藤久右衛門」の看板商品のひとつで、人気情報番組やSNSでも度々取り上げられている、いまアツいスイーツなんです! 写真映え間違いなしのビジュアルですが、気になるそのお味は? 実食レポートでお届けします。



京都の人気茶屋「伊藤久右衛門」って?



天保3年(1832年)創業の「伊藤久右衛門」は、十円硬貨の表側に描かれている国宝・平等院の近くに店舗をかまえる、京都府宇治の老舗お茶屋さん。こだわりのお茶を使用したスイーツは美しい見た目と味の奥深さから、幅広い世代から支持されています。



お店の味を自宅で楽しめる「抹茶パフェアイスバー」



価格:4,299円(税込)


なかでも、宇治抹茶の魅力と相性のよい素材を存分に盛り込んだ「伊藤久右衛門パフェ」は、同店の大人気商品! 完売することも多く、「せっかく行ったのに食べられなかった」といった声も多く寄せられていたのだとか。そこで新たに試行錯誤を重ね作り上げられたのが、おうちで茶屋の味を楽しめる「抹茶パフェアイスバー」です。



「抹茶パフェアイスバー」は、定番のパフェ1種(抹茶パフェ)と季節限定のパフェ4種(いちご抹茶パフェ・さくらパフェ・夏の抹茶パフェ・抹茶モンブランパフェ)の5種を再現。1本ずつ個包装になっています。いずれもとにかく華やかで眼福♡



まっちゃ(抹茶パフェ)





定番の「まっちゃ」は、抹茶生ちょこれーと、大福、みかん、粒餡と和をメインとしたトッピング。ベースの抹茶アイスはホイップのようにやわらかくてふわふわ。素材ごとにことなる食感が楽しめ、まさにパフェのようです。



いちご(いちご抹茶パフェ)





いちご抹茶パフェを再現した「いちご」は、ベースの抹茶アイスをいちごチョコレートでコーティング。大粒のいちごとブルーベリー、ラズベリーがゴロっとのった可愛らしい1本です。濃いピンクと緑のコントラストが映え〜! 抹茶のほろ苦さとベリーの酸味は相性抜群ですね。



もんぶらん(抹茶モンブランパフェ)





渋皮栗・甘露栗・モンブランクリームをトッピングした「もんぶらん」は、秋に登場する抹茶モンブランパフェを再現。金色の甘露煮と飴色の渋皮栗がどんとトッピングされ、高級感が漂いますね。パフェとケーキが合わさったような満足感のある1本!



さくら(さくらパフェ)





さくらパフェを再現した薄いピンク色の可憐な「さくら」は、抹茶生ちょこれーと・大福・桜餡クリーム・桜の塩漬けをトッピング。和のよさをぎゅっと詰め込まれたアイスバーです。抹茶と桜で、季節外れのお花見気分♪



とろぴかる(夏の抹茶パフェ)





マンゴーやパイナップルなど、夏を感じるフルーツが甘酸っぱく爽やかな「とろぴかる」。柑橘系と抹茶って合うのかな?と思いながら口に含んでみると、すっきりした風味でまとまりのある味わいでした。パリッとしたマンゴ―チョコレートの食感もおいしさ満点◎。



味もビジュアルも豪華!



この投稿をInstagramで見る

京都・宇治 抹茶スイーツ 伊藤久右衛門(@itohkyuemon)がシェアした投稿



どのアイスバーも食感が楽しくリッチな味わいで、まるでパフェを食べているかのような贅沢さ! 見てもキュン、食べてもキュンのアイスバーでした。お取り寄せして、あなたもそのキュンを経験してみて♪



抹茶パフェアイスバー 5本入り
価格:4,299円(税込)
https://www.itohkyuemon.co.jp/c/category/yogashi/icecream/090279



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。



[All Photos by ちあん]