90年代後半に流行し、現在人気が再燃しているフランスの伝統的な洋菓子「カヌレ」。どのお店のものも形は似ていても、フレーバーや食感はお店によって異なる奥深い一品です。イエモネでは、そんな「カヌレ」のおいしいお店を紹介中! 今回は、大阪の人気カフェ「FRANCY JEFERS」から話題の生カヌレをお取り寄せしてみました。


大阪・八尾の人気カフェ「FRANCY JEFFERS CAFE」とは?



「FRANCY JEFERS CAFE」 外観(公式サイトより)


「FRANCY JEFERS CAFE」 内観(公式サイトより)


「FRANCY JEFFERS CAFE」 は、バウムクーヘンと自転車がコンセプトのカフェ。 倉庫をリノベーションした広い店内には、ブルックリンスタイルのインテリアと家具が置かれおしゃれな雰囲気が漂います。自家製のバウムクーヘンをはじめ、生カヌレやフィナンシェなども店内で焼き上げるこだわり。



クリームたっぷり「生カヌレ」をお取り寄せ





そんな 「FRANCY JEFFERS CAFE」の生カヌレは、フランスで作られたカヌレの粉を取り寄せ、外はサックリ、中はもっちりに焼き上げられています。どのフレーバーも中央に濃厚なクリームがつまっているのが特徴で、 定番のカスタードクリームやベルギーチョコクリームのほか、季節ごとのフレーバーがラインアップされているんです。



今回チェックしたのは、通販サイトで今一番人気のカスタード・ベルギーチョコ・ピスタチオクリームがセットになった生カヌレ3種のアソート。









カヌレをイメージした花柄のパッケージは、パキッとしたカラーリングで夏っぽいのが可愛い♪



コクがポイント!「カスタードクリーム」





定番「カスタードクリーム」は、もっちした生地の中央に特製濃厚カスタードクリームがたっぷりとIN。ホワイトチョコレートのような味わいで、甘みとコクを感じます。トッピングされたアーモンドクランチの食感がアクセントに!



品のある甘さ「ベルギーチョコクリーム」





「カスタードクリーム」と同じく通年販売されている「ベルギーチョコクリーム」は、ベルギーチョコを使用した上品な甘さのクリームとキューブチョコでデザート感が満載! 温めることで中のクリームが溶け、フォンダンショコラのようにクリームがあふれ出てきます。



豊かな風味の「ピスタチオ」





シーズナルの「ピスタチオクリーム」は、ピスタチオならではの味わいと香ばしさを感じられる一品。中央にはピスタチオがトッピングされ、豊かな風味と香りが楽しめます。甘さ控えめなのもポイント。



クリームがあふれ出す断面にジュル…♡



(左)「ベルギーチョコクリーム」、(右)「カスタードクリーム」


気になる断面の写真はまとめて。クリームがとろりとあふれ出す様子を見るだけでジュル…♡



「ピスタチオ」


季節限定フレーバーも気になる





夏季限定として販売されているマンゴーやレアチーズ、レモンカスタードのフレーバーも気になっちゃう! 全種類制覇したい 「FRANCY JEFERS CAFE」 の「生カヌレ」。みなさんも、ぜひお取り寄せしてみてくださいね。



生カヌレ 3種アソートセット(カスタードクリーム、ベルギーチョコクリーム、ピスタチオ)
価格:1200円(税込、送料別途)
https://shop.francyjeffers.com/?pid=166177261



※時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。



[All Photos by ちあん]




https://iemone.jp/article/gourmet/iemone_editors_335829/