実験室や研究室には必ずといっていいほど置いてある「キムワイプ」。破れにくく毛羽立ちが少ない紙製のワイパーで、実験器具の拭き取りなどで使われています。そんな理系の必需品が、日常使いにもぴったりと話題になっています。先日放送された『めざましテレビ』(フジテレビ系)にも登場していましたよ。そこで今回は、キムワイプの便利な使い方について紹介していきます! 

キムワイプ

理系の人ならみんな知ってる「キムワイプ」





破れにくく毛羽立ちが少ないため、主に実験器具の拭き取りなどに使われる「キムワイプ」。そんな理系の人にお馴染みのアイテムが先日『めざましテレビ』(フジテレビ系)で紹介されました。放送後には「キムワイプ」がTwitterトレンド入りを果たし、キムワイプ公式Twitterの自己紹介ツイートには1.1万件ものいいねが付くなど話題に!



作っているのは「日本製紙クレシア」





作っているのは、「スコッティ」「クリネックス」などでお馴染みの日本製紙クレシア。ティシュと同じくキムワイプもポップアップ式です。





キムワイプが誕生したのは1969年。50年以上もの間、研究者や技術者のそばにそっと寄り添ってきたのですね。なんと、キムワイプ公式のLINEスタンプもありますよ。ちなみに新作スタンプは「もっと!理系のための日常キムワイプ2」。





「キムワイプ S-200」の箱のサイズは、一般的なBOXティッシュの半分くらい。



シートサイズは120mm×215mmで、ティッシュペーパーと同じようなものかなと思ったら、まったくの別物です。





触ってみると違いは歴然! 独自のクレープ加工により表面が少しザラザラしているので、普通のティッシュペーパーのように鼻をかむという使い方は向かないようです。試しにやってみたら鼻が赤くなってしまったので、肌が弱い人は特にご注意を。



日常生活でも使える!



実験室や研究室で愛用されているキムワイプですが、実は日常生活でもけっこう使えます。果たして、どんなシーンで活用できるのでしょうか。



スマホ拭きに





スマホの画面は、指紋やホコリ、皮脂汚れが付いてしまいがち。毎日使うものだし、こまめにキレイにしておきたいですよね。





そんなときには、キムワイプの出番! 産業用ワイパーとして使われているだけあり、スマホの汚れなんてお手の物です。





この通り画面がピカピカになりましたよ。



パソコンのホコリもきれいに





パソコンの画面が気付けばホコリだらけ、という経験はありませんか? そんなときもサッと拭くだけでキレイになります。パソコンデスクに置いておけば、気になったときにすぐ使えて便利です。



曇った鏡だってピカピカに





曇った鏡だってご覧のとおりピカピカに! 乾拭きでもいいのですが、アルコール除菌スプレーなどをした後にキムワイプで拭くとさらにキレイになりますよ。途中で破れることもなく、拭き跡も残らずきれいな仕上がりです。



グラス拭きにも最適





実験用のビーカーや試験管を拭き取る用途として使われているキムワイプ。ということは、グラス拭きとしても最適なのです。



感動したのがビールを飲むとき。キムワイプで拭いたグラスは、気泡がつかずにキレイに注ぐことができましたよ。



一度使ったら手放せない♪





毛羽立ちにくく水にも強い「キムワイプ」。実験室や研究室だけのものと思いきや、普段使いにもぴったりな便利アイテムです。一度使ったらきっと手放せなくなりますよ!



キムワイプ S-200
枚数:200枚入
シートサイズ:120mm×215mm
キムワイプブランドサイトはこちら



[All Photos by Jun Inaba]




https://iemone.jp/article/zakka/yamazaki_363605/