3COINSが立ち上げた新ライフスタイルブランド3C<スリーシー>。ファッションブランドの「THEATRE PRODUCTS」が監修したアイテム全18種類32品が登場しています。そのなかから今回は、3COINS原宿本店 副店長さんおすすめの「3wayフラワーベース」を紹介! 一輪挿し、花束、水耕栽培として3通りの使い方ができるシンプルなデザインのフラワーベースで、さりげなく印字された英字もポイントです。気になる使い心地を徹底ルポしていきます!

スリーコインズ スリコ 【THEATRE PRODUCTS】3wayフラワーベース

3C<スリーシー>の3wayフラワーベース





こちらが3C<スリーシー>の「3wayフラワーベース」。さりげなく印字されたメッセージがおしゃれで、どんなお部屋にもなじむシンプルなデザインですね。アイボリーとベージュの2色展開で、今回はアイボリーを選びました。



3通りの使い方ができる





中には、筒型の花瓶と丸い穴が開いたフタが入っています。花瓶とフタを重ねて使ったり、それぞれ単品で使ったりと、3通りの使い方ができるのです。実際に使い方を紹介していきます!



【使い方1】フタをしたまま一輪挿しに





まず1つ目は、フタをしたままで一輪挿しにするという使い方。



フタをした状態のサイズが、約直径10.5cm×高さ23.5cm。フタの真ん中に穴が開いているのがポイントです。





この穴のおかげで、花が隅に片寄ることもなく一輪挿しが映えます。花を1本飾るだけでも、お部屋がパッと明るくなりますね。



【使い方2】フタを外して花束を飾る





2つ目は、フタを外して花束を飾るという使い方。





直径約10.5cm×高さ18.5cmで大きめの花束でも大丈夫! ほどよい重量感があるため、うっかり倒してしまう心配もなさそうです。





大きさやカラーの違う花やグリーンを無造作に入れただけでも絵になります。花を飾るのが楽しみになりそう♪



【使い方3】フタだけで水耕栽培用に





3つ目は、フタだけで球根などの水耕栽培用として使う方法です。





今回アボカドの水耕栽培に挑戦! 種を傷つけないように包丁を入れて、よく洗い茶色の皮を剥きます。





通常アボカドの水耕栽培をするときは、こんな風に種を爪楊枝で支えてコップなどで行います。爪楊枝が丸見えで見た目が少し気になることと、うっかり水をこぼしてしまいそうで心配。





アボカドの種でやってみたところ、穴の直径が約3.3cmあるため種が穴よりも小さく落ちてしまいました……。水耕栽培用に使うときは、球根のサイズを確認しないといけませんね。



そのため下から爪楊枝で支えていますが、フタで隠れるから見た目は気にならず。フタ部分もどっしりと重量感があるため、少しあたったくらいでは水がこぼれてしまうこともなさそうです。



新ブランド3C<スリーシー>から目が離せない!





スリーコインズの新ブランド3C<スリーシー>のアイテムは、2022年9月5日から全国の3COINSおよび公式オンラインストアで絶賛販売中です。今後もイエモネでは、3Cのアイテムを随時紹介していくのでお見逃しなく!



【THEATRE PRODUCTS】3wayフラワーベース
価格:1,650円(税込)
カラー:アイボリー、ベージュ
https://www.palcloset.jp/display/item/2221-TP05-00000/?cl=13&b=3coins



※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がございます。予めご了承ください。
※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合がございます。



[All Photos by Jun Inaba]




https://iemone.jp/article/zakka/yukari_367819/



https://iemone.jp/article/zakka/iemone_editors_125999/