「カンロ飴」や「ピュレグミ」など大ヒット商品を連発するカンロは、2022年で創業110周年! それを記念した発表会にお邪魔してきました。同イベントでは、グラフィックデザイナー・セキユリヲさんがデザインした、2023年2月に発売予定の特別パッケージの商品がお披露目! また、カンロ・三須社長とセキさんのお気に入り商品も聞いてみたので、詳しい体験レポートをお届けします。



カンロは創業110周年



左からセキさん、三須社長、カンロちゃん(左)セキユリヲさん/(中央)カンロちゃん/(右)三須和泰社長


カンロといえば“カンロ飴”を連想しますが、それ以外にも金のミルクやノンシュガー 果実のど飴、ピュレグミ、グミッツェルなど、ヒット商品がたくさんあります。



発表会では、創業110周年を記念したグラフィックをデザインしたグラフィックデザイナー・セキユリヲさんと、カンロ・三須和泰社長が登壇。公式キャラクター「カンロちゃん」の誕生秘話や110周年のデザインに込めた想いについて語ってくれました。



また、カンロ飴50周年の時にセキさんがデザインしたキュートなカンロちゃんも登場しましたよ。



イベント会場イベント会場


会場には、創業110周年記念としてセキさんがデザインした、11種類のグラフィックのモチーフが。



1つ1つのグラフィックが丁寧に作られており、見るだけで心が穏やかになる優しいデザインです。ドアノブがカンロ飴になっているなど、お菓子らしい遊び心も感じます。



人気商品&お二人のお気に入りの商品は?





せっかくなので、三須社長とセキさんにお気に入りの商品を聞いてみました。



すると、三須社長は「金のミルク」が手放せないほど大好きだそう! セキさんは「濃厚ほろにが 塩キャラメルキャンディ」がお気に入りとのことでした。





セキさんのお子さんも大好きという「マロッシュ」。グミの販売実績は年々高くなっており、Z世代を中心に人気が高まっているそうです。さらにコロナ禍でのど飴の需要も増加しているのだとか。





左上にあるグミッツェルは、SNSで人気に火がつき、爆発的なヒットを記録。



"おいしい"と"映える"の両方が手に入る、消費者ニーズを捉えた商品展開が人気の秘訣なのではないでしょうか。



2023年2月には新商品が登場予定



新商品『日々の暮らしを彩るキャンディ』110周年を記念した特別パッケージの新商品


そして、110周年を記念した特別パッケージの新商品が2023年2月に発売されます。



北欧を感じるお洒落なパッケージはインテリアにもスッと馴染むので、そのまま自宅のデスクに飾ってもよさそう。デジタルプラットフォーム「Kanro POCKeT」にて販売予定とされています。





セキさんが手がけるおしゃれなパッケージは他の商品にも展開されており、身につけるだけで気分が上がるアイテムがたくさんありました♪





自分へのプチご褒美はもちろん、プレゼントしても喜ばれそうですね!



ニーズに応えて進化を続けるカンロ



カンロは今後、地域との交流やサステナブルな社会貢献、働きやすい環境づくりなど…あらゆる場面で感謝のアクションを行っていくとのこと。



これまでの歴史を大切にしつつ、常に新しいことにチャレンジしていく姿勢が、幅広い世代に愛される所以なのだと感じました。



カンロ公式サイト:https://www.kanro.co.jp/
Kanro POCKeT(カンロポケット):https://kanro.jp